メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-2009年02月-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2009年02月01日(Sun)

とりあえず2008年12月27日の「ライモンダ」

カテゴリー:パリ・オペラ座バレエ記事編集

BALLET DE L'OPERA 『Raymonda』
2008.12.27

Musique: Alexandre Glazounov
Chorégraphie: Rudolf Noureev d’après Marius Petipa (Opéra national de Paris, 1983)
Décors et costumes: Nicholas Georgiadis
Lumières: Serge Peyrat
Orchestre Colonne
direction musicale: Kevin Rhodes

RAYMONDA: Dorothée Gilbert
JEAN DE BRIENNE: Christophe Duquenne→José Martinez に変更
ABDERAM: Jérémie Bélingard
HENRIETTE: Mélanie Hurel
CLEMENCE: Muriel Zusperreguy
BERANGER: Julien Meyzindi
BERNARD: Fabien Révillion
LA COMTESSE: Béatrice Martel
SARRAZINS: Charline Giezendanner、Marc Moreau
ESPAGNOLS: Sarah Kora Dayanova、Gil Isoart
LE ROI: Emmanuel Hoff


当日のキャスト表はChristophe Duquenneでしたが、急遽怪我で降板。代役がJosé Martinez。まるで棚からぼた餅。デュケンヌには非常に申し訳ないけれど、絶対に見れないと思っていたマルティネスだなんて、嬉しすぎる。もう夢のような舞台でした。が、感想を文章にする気力がないので、とりあえず、カーテンコールの写真だけ。気力が沸いたら、後日追記します。

DSC01930.jpg



DSC01935.jpg



DSC01936.jpg



DSC01938.jpg



DSC01941.jpg



DSC01942.jpg


スポンサーサイト
 
│posted at 21:58:40│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。