メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-2010年07月-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2010年07月03日(Sat)

英国ロイヤルバレエ団「ロミオとジュリエット」(マルケス&マックレー)

カテゴリー:英国ロイヤルバレエ記事編集

英国ロイヤルバレエ団「ロミオとジュリエット」(マルケス&マックレー)
【鑑賞日時】2010年7月3日
【会場】兵庫県立芸術文化センターKOBELCOホール

【キャスト】
ジュリエット:ロベルタ・マルケス
ロミオ:スティーブン・マックレー
マキューシオ:ブライアン・マロニー
ティボルト:トーマス・ホワイトヘッド
ベンヴォーリオ:セルゲイ・ポルーニン
パリス:ヨハネス・ステパネク
キャピュレット公:クリストファー・サウンダース
キャピュレット夫人:ジェネシア・ロサート
エスカラス(ヴェローナ大公):ベネット・ガートサイド
ロザライン:タラ=ブリギット・バフナニ
乳母:クリステン・マクナリー
僧ロレンス:アラステア・マリオット
モンタギュー公:アラステア・マリオット
モンタギュー夫人:サイアン・マーフィー
ジュリエットの友人:
リャーン・コープ、ベサニー・キーティング、イオーナ・ルーツ、
エマ=ジェーン・マグワイア、ロマニー・パジャク、サビーナ・ウエストコム
3人の娼婦:
ラウラ・モレーラ、ヘレン・クロウフォード、フランチェスカ・フィルピ
マンドリン・ダンス:
ミハイル・ストイコ
ポール・ケイ、蔵健太、ルドヴィック・オンディヴィエラ、
アンドレイ・ウスペンスキー、ジェームズ・ウィルキー
舞踏会の客、街人たち:英国ロイヤルバレエ団

【指揮】ボリス・グルージン
【演奏】関西フィルハーモニー管弦楽団
続きを読む≫
スポンサーサイト
 
│posted at 20:14:37│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。