メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-『ダンスセレブレーション』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年09月13日(Tue)

『ダンスセレブレーション』

カテゴリー:コンテンポラリー・ダンス記事編集

メゾン・ドゥ・ラ・ダンス presents『ダンスセレブレーション』
【収録】 2002年
【監督】 ドン・ケント
【収録作品】
◆カンパニー・モンタルヴォ・エルヴュ 『バベル・ウールーズ』、
◆リン・リーチェン振付『Hymne aux fleurs qui passent』(ANTEAM TO THE FADING FLOWER)
◆クルストファー・ウィールドン振付 『TRYST(逢い引き)』(出演:ダーシー・バッセル、ジョナサン・コープ)
◆カンパニア・フラメンカ・アンドレ・マラン 『エミリア』、
◆ビル T.ジョーンズ振付 『ブラック・スザンヌ』、
◆ジョン・ノイマイヤー振付 『ニジンスキー』、
◆イリ・キリアン振付 『Study to Blackbird』(『ワン・オブ・ア・カインド』のパ・ド・ドゥ)
◆キャロル・アルミタージュ振付 『Le Chat de Schroodinger』
CS(シアターテレビジョン)で放映されていたものを録画鑑賞しました。

◆『バベル・ウールーズ』
タイトルがフランス語であることを想定して直訳したら、「babel heuruse(?):幸せなバベル(?)」ってことでしょうか?中東を思わせる音楽とリズムではじまり、途中からはモーツァルトっぽいクラッシック音楽になったり、ブレイクダンスみたいなものもあって、かと思えばアフリカの民族舞踊を彷彿とさせるような踊りもあって、その中でトゥ・シューズを履いた女性がバレエらしきものも踊っていたり、なんせごちゃ混ぜ。背景には、映像。まさに現代芸術、コンテンポラリーダンスでした。

◆『Hymne aux fleurs qui passent』
タイトルを直訳したら、「散りゆく花への賛歌」ってことでしょうかね?ヒーリーングミュージックを連想させるような音楽が流れる中、舞台上には、アジアを思わせる切れ長のアイラインと長い黒髪を垂らした男女1組。男女共、全身は白塗り素っ裸でフンドシ一丁。超スローモーションのような動きで、エロスあふれる動きでしだいに身を寄せ合い、体を絡めあう。内容はそれだけですが、せつない雰囲気が溢れるエロスでした。

◆『TRYST(逢い引き)』
ダーシー・バッセルとジョナサン・コープによるコンテンポラリー作品。しかし、こういう作品って、感想を言葉でうまく表現できない・・・。いわゆるコンテンポラリー風パ・ド・ドゥって言ってしまうと怒られちゃいますかね?でも、ああ、いわゆるコンテンポラリー風パ・ド・ドゥだなーという感じだったのです。実は、コンテを踊るロイヤル・バレエ団の方ってこれが、はじめて見た映像なのですが、二人とも、とても素晴らしかったですよ。玉虫色のようなグラデーション系のレオタード姿のダーシー・バッセルは、とにかくガツン!と安定している踊り。全くブレないし、ガツン!という感じなの。ああ、貧相な語彙力・・・。開脚も180度まっすぐで、それが嫌味なく、いやらしくなくて素敵でした。ジョナサン・コープは、エレガントでした。スタイル抜群ですねー。黒いタイツと青いトップスという衣装がとても似合っていました。

◆『エミリア』
男性ダンサーが一人で踊るフラメンコでした。

◆『ブラック・スザンヌ』
赤を基調にしたセットと衣装。防弾チョッキみたいな凹凸&厚みのある赤いレオタード姿の男女が複数入り混じって踊っていました。ちょっと新体操の床運動みたい。スキンヘッドのアジア人女性もいました。

◆『ニジンスキー』
音楽は、リムスキー・コルサコフの「シェエラザード (シェヘラザード)」。この曲大好きなのです。曲だけでもうっとりするのに、ノイマイヤーの振付&それを踊るダンサーの美しいこと。コンテンポラリー・ダンスでも、この系統は好きだわ。やはりトゥ・シューズを履いて踊ってくれるとホっとする。内容については、お恥ずかしながら、よくわかっていません。よく見るニジンスキーの写真と同じ衣装&ポーズで舞台に立つニジンスキーらしきダンサーと、優雅な女性ダンサーともうひとり男性ダンサー、彼らを眺めているだけでウットリできる作品でした。

◆『Study to Blackbird』
はじめて見たイリ・キリアン作品でしたが、想像していたとおりのイメージのダンスでした。英語やフランス語で言うところのクール!(=カッコイイ)な感じ。

◆『Le Chat de Schroodinger』
「RAVE」に続いて2つ目のキャロル・アルミタージュ作品。やはり、これもちょっと、ファッションショーっぽいオープニングと騒々しい音楽。黒づくしの衣装で黒い覆面をかぶったダンサーたちが、シースルーのブラウスをなびかせながら踊っていました。内容は、やはりコンテって感じ。
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 21:04:54│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。