メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ドキュメンタリー 『ニジンスキー 追放された魂』 -

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年08月16日(Tue)

ドキュメンタリー 『ニジンスキー 追放された魂』

カテゴリー:ドキュメンタリー映像記事編集

ドキュメンタリー 『ニジンスキー 追放された魂』
【製作】2000年/仏語ほか
【出演】ジャン・コクトー、モーリス・ベジャール、ジョン・ノイマイヤー、カデル・ベラルビ、マリー・ランベール、マリ=クロード・ピエトラガラほか
CS(シアターテレビジョン)にて放映されていたものを録画鑑賞。ニジンスキーの手記をもとにして(?)独白形式でつくられているドキュメンタリーで、どちらかというと辛気臭いテイストでしたが、とても興味深く拝見しました。天才と狂人は紙一重といいまずが、そのとおりのような人生だったようですね。ニジンスキーの描いた絵なども、どこか尋常じゃない空気を感じさせておりました。以前見た、NHKのノイマイヤーのドキュメンタリーで、ノイマイヤーが、ニジンスキー関連グッズの収集家であるということが紹介されていましたが、ここでもノイマイヤーが出てきてニジンスキーについて熱く語っておられました。コレクターが血眼になって探しても絶対に出てこないのが、踊るニジンスキーの映像らしいのですが、この番組では、老いて歩く姿が見れます。これは、彼に関する唯一の貴重な映像なんだとか。 あと、ペトルーシュカについて語るベジャールさんが、若くて綺麗でした。あと、パリ・オペラ座好きな私の興味を引いたのは、カデル・ベラルビによる「ペトルーシュカ」のリハーサル風景と、インタビュー。インタビューのベラルビ、とてもカッコよかったです。あと、「春の祭典」を踊るピエトラガラもカッコよかった~。しかし、カッコよすぎて、ハマリすぎていて、めちゃくちゃ怖かったです。「春の祭典」って、音楽だけ聞いていてもおどろおどろしくて怖いけど、ピエトラガラの踊りがついたら、迫力満点で、もっと怖かったよー。

せひ、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 22:11:53│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。