メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-パリ・オペラ座バレエDVD『パキータ』全2幕(ラコット版)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年12月04日(Mon)

パリ・オペラ座バレエDVD『パキータ』全2幕(ラコット版)

カテゴリー:パリ・オペラ座バレエ記事編集

パリ・オペラ座バレエ『パキータ』全2幕(ラコット版) Paquita
【振付】ピエール・ラコット(マウリス・プティパによる)
【音楽】ルードヴィヒ・ミンクス
【出演】アニエス・ルテステュ(パキータ)、ジョゼ・マルティネズ(リュシアン)、カール・パケット(イニゴ)、ノルウェン・ダニエル、メラニー・ユレル、エマニュエル・チボー(パ・ド・トロワ)、リシャール・ウィリク(エルヴィリー伯爵)、セリーヌ・タロン(エルヴィリー伯爵夫人)、ジャン=マリー・ディディエール(ドン・ロペス)、ベアトリーチェ・マルテル(ドンナ・セラフィナ)、ミテキ・クドー、ミュリエル・ズスペルギー(ロマの娘)ジル・イゾアール、ステファン・ファヴォラン(将校たち)
【指揮】デヴィッド・コールマン
【演奏】パリ・オペラ座管弦楽団

B0000DJWCFパリ・オペラ座バレエ「パキータ」全2幕(ラコット版)
パリ・オペラ座バレエ団 ルテステュ(アニエス) マルティネス(ジョゼ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


楽天内のショップでも取り扱いあり。
北米版DVDは、リージョンフリー!日本のDVDプレーヤーで普通に再生可能。

B0001FR0MAPaquita
Agnes Letestu

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※さらに廉価版の北米版が出たようです。

2006年11月21日に、パリ・オペラ座「パキータ」北米インポート版が再販されているようです。TDKのサイトによるとリージョンフリーのようです。念のため、ご自身でもTDKのサイトでご確認を。

Paquita (Sub Ac3 Dol Dts)Paquita (Sub Ac3 Dol Dts)
Deledevez Minks L'Opera Nat'l Paris


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



収録されている映像の一部は、こちらの動画で見ることができます。

CSにて放映されていたものを鑑賞。市販のDVDと中身は同じだと思います。日本版に比べると、かなり安価なインポートの北米版はリージョンフリーです。
 さて、作品の感想ですが、なんだか、パリオペのクラッシック全幕の割にとっても地味。全幕物にしては、なんだか、あまり印象が残らない。振付のせいかしらね?まず、何が一番気になったかというと、コール・ド・バレエ(群舞)。見せ方もイマイチなら、踊りもオペラ座にしては、めずらしく全然揃ってなかった。どうもイマイチ。とくに2幕の前半。後半、女性がチュチュになってからは、かなりオペラ座らしさも発揮して、統一感も感じましたが、あの円系隊列は、どうかと思います。メインで踊っているダンサーの前にコール・ド・バレエ(群舞)を置く演出は止めて欲しい。踊りを見たいのに、視界を遮ってとても邪魔。大好きなコール・ドなのに、それを邪魔だと思わせないで欲しいです。主役の二人は、撮影当時御夫婦エトワールだったアニエス・ルテステュとジョゼ・マルティネス。アニエス・ルテステュは、腕が最高!腕の動きがべらぼうに美しい。有る意味アニエスらしい愛想のない無表情の背中も、雰囲気がとてもカワイイから許せてしまいます。技術的には、オオ!っと言わせるほどの踊りはしていなかった気もしますが、最後の最後のグラン・パ・ド・ドゥの見せ場でもある連続フェッテはドゥーブルも入れていて、素晴らしかったし、最後のピルエット美しかったです。ただ「パキータ」という演目をよくわかっていないのですが、スペインのジプシーの中で生活していた女性にしては、アニエスの踊りには活気がなかった。儚さと優雅さと気品が目立つ。まあ、もともとお姫様でありながら、それを知らずにジプシーの中で育った女性だから、こういう優雅さや気品は大事なのでしょうけれど、もうちょっと活気というかスペインのジプシーっぽさみたいなものがあってもいいような気がしました。アニエスには逆にこういう儚さと優雅さが映える「白鳥の湖」だとか、「ジゼル」だとか「ラ・バヤデール」が似合いそう。そういう演目の彼女をとても見てみたいです。ジョゼ・マルティネスは、いつもどおり、優雅な優男。ほんとうに、この人の踊りは優しい印象。ナポレオン占領下のスペインにやってきた将校とのことでしたが、軍でやっていけるのか?と心配になってしまうぐらいの優男。それでもやはり踊りは手堅く美しく優雅。いつもながらに安心して観ていられる人です。そして、この演目の中で、最も私の目を釘付けにしてしまったダンサーは、パ・ド・トロワで女性2名を従えて中央で踊っていた黒い衣装の男性ダンサー、その名もエマニュエル・チボー!彼が踊り始めた瞬間、思わず、身を乗り出してしまいました。あのやや力強さのある滞空時間の長い跳躍は、スバラシイ!チボーは、この当時は、まだスジェだったんだよね?2004年にプルミエール・ダンスールに昇進したようですが、今後もご活躍を期待しちゃいます。

楽しんでいただけたら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:15:33│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。