メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-雑誌「婦人画報」9月号(岩田守弘)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年08月08日(Mon)

雑誌「婦人画報」9月号(岩田守弘)

カテゴリー:書籍・雑誌記事編集

雑誌「婦人画報」9月号
ロシアはなぜこんなに美しい
ボリショイ劇場、エルミタージュ美術館、プーシキン美術館
バレエダンサー岩田守弘さんの紹介記事など。
ロシア旅行へ行ってきた知人が、ロシアの美しさについて語っていたのを思い出し、なにげなく本屋さんで手に取って立ち読みしたら、ボリショイバレエ関連の記事(6ページ)を発見し、食い入るように立ち読みしてしまいました。美しい写真の数々でロシアのみどころを紹介する特集記事が組まれており、その中で、モスクワのボリショイ劇場が取り上げられていて、バレエ団の舞台裏などが、しっかりと紹介されておりました。ボリショイ劇場って、ゴージャスで素敵ですねー。カラーの写真による記事がとても綺麗なので、見とれてしまいました。内容としても、ボリショイバレエのファンの方も、そうでない人も楽しめる内容だと思います。中でもボリショイバレエ団に在籍なさっておられる日本人ダンサー岩田守弘さん(35歳)を紹介し、彼の生活を通して、ボリショイバレエのダンサーたちの日常などが紹介されていたのですが、その記事がとても興味深かったです。私は、ロシアのバレエにとても疎いこともあって、岩田さんを全く存じ上げていなかったのですが、世界随一のこのバレエ団にロシア人以外の外国人で初めて入団を認められ、第一ソリストにまでなったバレエダンサーだそうですね。紙面では、「世界に誇るべき日本人なのに、活躍の場がロシアということもあり、日本では驚くほど報道されていないでのがもったいない」というようなことが書かれていました。こうやって、記事にしていただいたおかげで、私も勉強になりました。岩田さんの奥様も、バレリーナさん(ロシア人)だそうで、2人のお嬢さんたちもバレエを習っておられるようで、バレエ学校での他のロシア人の少女たちと一緒に均整のとれたスタイルでの立ち姿がとても可愛らしかったです。あの少女たちの中から、未来のスターダンサーが出てくるのでしょうねー。どの女の子もとてもスタイルがよく、チャーミングで可愛かったです。
尚、Privet!ロシアさんで、岩田さんの独占インタビュー記事が読めます。

スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:34:14│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。