メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-モーリス・ベジャール振付『火の鳥』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年10月08日(Sat)

モーリス・ベジャール振付『火の鳥』

カテゴリー:ベジャール・バレエ記事編集

ベジャール振付 『火の鳥』 L'oiseau de feu
【製作】1970年/仏語
【振付】モーリス・ベジャール
【音楽】イーゴル・ストラヴィンスキー
【出演】ジョルジュ・ドン、ニコラス・エク、アンジェル・アルブレヒト、リディア・ブラッケリア、ベルトラン・ピー、ポール・メヒア ほか 20世紀バレエ団
CS(シアター・テレビジョン)にて放映されていたものを録画鑑賞。

とにかく、素晴らしい!!!!

20分ちょっとの短い作品ですが、鳥肌が立つほど、感動してしまった。シアター・テレビジョンを契約していてよかったよ・・・・・・。ベジャール版の「火の鳥」はドキュメンタリー番組でリハーサル映像だけ見たことがありました(その時は、火の鳥を小林十市さんが踊っておられました。)が、全編通すと、こんなテーマの作品だったのですねー。ドキュメンタリーを見ていたときは、中身のテーマについては、何も知らずに見ていたので、もう一度、ドキュメンタリーも見直さないと・・・。ベジャールさんの作品は、哲学的なものが多いので、難しいかな?と身構えていたのだけれど、これは、とてもわかりやすかったです。どこかの社会主義国家の人民服を連想させるようなブルーの洋服を着た群集の中に、ひとり真っ赤な衣装の「火の鳥(=革命家)」がいる。その火の鳥のカリスマ性に、群集は、どんどん彼に引き込まれ、気がつけば、皆、ブルーの洋服を脱ぎ捨てて、真っ赤な火の鳥と同じ衣装に変っていく。火の鳥は、不死鳥。たとえリーダーが倒れても、その影響を受けた人々の心の中から消えることはなく、彼らの中から新たなリーダー(火の鳥)が生まれ、決して、絶えることはない。そんな感じの物語。(たぶん・・・。)

シアターテレビジョンの番組紹介にあった解説文によると

「革命のために闘うパルチザン(一般民衆によって組織された非正規軍)を描いている。フォーキン版では女性が踊った火の鳥の役を踊るのは、倒れても不死鳥のようによみがえるパルチザンたちのリーダーである男性だ。パルチザンの連帯を表わす群舞から、ジョルジュ・ドンが踊る火の鳥の圧倒的なソロ、そしてラストの群舞へと高揚していく見事なダンスの連続で、ベジャール最高傑作のひとつ。」


とのことでしたが、まさしく、傑作。今まで頭の中にあったフォーキンの「火の鳥」のイメージがすっかり吹っ飛んでしまい、「火の鳥」といえば、ベジャール!というぐらい、イメージが脳裏に焼きついてしまいました。この映像では、カリスマリーダーである火の鳥を踊っているのは、ジョルジュ・ドン。ジョルジュ・ドン、めちゃくちゃカッコイイです。本当にカリスマ度満点で、群集が火の鳥のカリスマにひきつけられていく様子にとても説得力を持たせてくれる存在感と踊りでしたね。振付は、ちょっと日本の能や狂言の動きなんかも取り入れられているような印象。扇を肩の高さで前方に持って舞台を360度見渡しながら回転するあの日本の古典芸能の動きみたいなものが火の鳥のソロの踊りの中にあったり、群集による群舞の部分は「ザ・カブキ」の討ち入りの場面の踊りにも似ていました。あと、ちょっと体育の授業の組み立て体操みたいなところもありました。いろんな人も言ってるけれど、ベジャールさんの振付って、何が凄いって、音楽のを掴む感覚じゃないかなー。「ボレロ」にしても、「火の鳥」にしても、この曲には、この動きしか考えられないっていうぐらいに音にピタっとイメージが結びつく動きなんだもん。ストラヴィンスキーの「火の鳥」はロシア民話に基づいて作られた曲だけれど、まるで、革命家の物語のための音楽として作られたかのようにピタっとハマってしまう。凄いです。ストラヴィンスキーの音楽があまり得意でない私が、ストラビンスキーの音楽にも感動して、CDを買ってしまったぐらいです。もちろん、買ったのは大好きなデュトワ&モントリオール響の物。
B00005FLOWストラヴィンスキー:火の鳥
モントリオール交響楽団 ストラヴィンスキー デュトワ(シャルル)
ストラヴィンスキー:春の祭典 ストラヴィンスキー:春の祭典 ストラヴィンスキー:火の鳥 スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐 ストラヴィンスキー:火の鳥

by G-Tools


ベジャール作品たち
B000CFWS44モーリス・ベジャールの真実
by G-Tools
B00067SQS0ベジャール、バレエ、リュミエール
ドキュメンタリー映画
by G-Tools
B0000AJG7Sアダージェット モーリス・ベジャールの時間
モーリス・ベジャール フランソワ・レシェンバック ジョルジュ・ドン
by G-Tools
B000BKVRJWGrand Pas in the White Night
Ballet of the 20Century,Bejart,Kirov Ballet
by G-Tools
B0000DJWCGペジャール「くるみ割り人形」
ジル・ロマン 小林十市 ペジャール・バレエ団
by G-Tools
0312920490Bejart by Bejart
Maurice Bejart
by G-Tools
4875745893モーリス・ベジャール回想録―誰の人生か? 自伝2
モーリス ベジャール Maurice Bejart 前田 允
by G-Tools
4403020089ベジャール・オ・トラヴァーユ
シルヴィ・ド・ニュサック パブロ・レイノーソ 鈴木 啓二
by G-Tools
B00005G1NE珠玉のベジャール~ジョルジュ・ドンへの祈り~
by G-Tools
4403240364舞踊のもう一つの唄
モーリス ベジャール 前田 允
by G-Tools
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 23:17:48│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。