メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-雑誌「ヴァンテーヌ(8月号)」(バレエ特集記事)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年08月03日(Wed)

雑誌「ヴァンテーヌ(8月号)」(バレエ特集記事)

カテゴリー:書籍・雑誌記事編集

雑誌「ヴァンテーヌ(8月号)」(バレエ特集記事) 
特集:やっぱり、バレエに夢中!
シルヴィ・ギエムのインタビュー(写真付きカラーで4ページ)
ABTのNYでのガラ公演の初日&アフター・パーティーの様子
ABTのダンサー紹介(写真付きカラー,6ページ程度)等
「やっぱり、バレエに夢中!」という特集が組まれており、舞踏評論家の守山美花さんによるシルヴィ・ギエムのインタビュー(写真付きカラーで4ページ)と、ABTのNYでのガラ公演の初日の様子とアフター・パーティーの様子と、ABTのダンサー紹介が、これまた写真付きカラーで6ページ程度、白黒で今後のオススメ来日バレエ公演についての記事が掲載されています。さらっと立ち読みできる内容でした。私は、ABTのダンサーに疎いので、ABTの公演を見る前に目を通しておけばよかったなぁ・・・と反省。ギエムのインタビュー内容は、今度出版される写真集を作った動機と、ギエムのヴァンテーヌ(20代)についてなどなど。守山美花さんは、「マドモワゼル・ノン」と異名をとるほどにインタビュー嫌いで有名なギエムにインタビューできたことは貴重だと、冒頭で熱く語っておられました。ギエムのヌード(?)写真もありました。
ABTの紹介ページは、ダンサーのプライベートな表情が垣間見れるので、ファンにはたまらないかも。私は、あまりABTには思い入れはない上に、ダンサーにも疎いものの、それでも結構楽しめましたから、ファンならなおさらかも。とくにガラの後(?)のパーティーで、ソワレを着て正装しているダンサーたちの写真は、もともとのスタイルの良さも相まって、本当に見とれてしまいます。かなり目で楽しませてもらいました。フェリは黒のドレスだった。マラーホフは全身黒のお洋服で、金髪がとても映えていました。相変わらずスタイル抜群でチャーミングでした。アンヘル・コレーラは、派手なネクタイをしていました。どの写真も相変わらずニコニコスマイルで、彼の人の良さを証明するような守山さんだけが知るエピソード(電気屋さんの袋を持っていた話)も紹介されていました。ちなみにパーティーの参加会費は1500ドルですって。会場には、ロバート・デ・ニーロなど各界のセレブの姿もあったとか。お仕事とはいえ、参加できている守山美花さんが本当に羨ましいと思いました。
1840025441Invitation: Sylvie Guillem
Gilles Tapie

Oberon Books Ltd 2005-03-31
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 15:28:23│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。