メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ポートレート「ローラン・プティ」(後編) -

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年08月15日(Mon)

ポートレート「ローラン・プティ」(後編)

カテゴリー:ドキュメンタリー映像記事編集

ポートレート「ローラン・プティ」(後編)
【出演】ローラン・プティ、ジジ・ジャンメール、ルドルフ・ヌレエフ、ミハイル・バリシニコフ、ナタリア・マカロワ、パトリック・デュポン他
【演目】マ・パヴロワ、長靴をはいた猫、こうもり、失われた時を求めて、カルメン、コッペリア、パリジアナ、青い天使、四季、旅芸人他
【制作】1990年
これまたCS(クラシカ・ジャパン)で放映されていたものを録画しておりました。一番見ごたえがあったのは「若者と死」オリジナル版を踊った方(名前失念)の映像とルドルフ・ヌレエフ版、ミハイル・バリシニコフ版、パトリック・デュポン版と4つも見れて、しかも画面4分割で同時に見れるというのが面白かった。とくに、ヌレエフ版、バリシニコフ版は見たことがあったのですが、パトリック・デュポンの映像は初めて見たので、若き日のデュポン好きな私としては、ウハウハ状態で画面に食い入っておりました。あとは、ほとんど見たことのある映像でしたけれど、楽しみました。

よろしければ、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 22:47:02│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。