メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-『ロシア・バレエの黄金時代 シリーズ#5』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年04月07日(Thu)

『ロシア・バレエの黄金時代 シリーズ#5』

カテゴリー:その他ロシアのバレエ記事編集

『ロシア・バレエの黄金時代 シリーズ#5』
1:『ノクターン』
(ロビンズ振付/ショパン作曲/プリセツカヤ、ボガティレフほか出演/1974年収録)
2:『バヤデルカ』
(プティパ振付/ミンクス作曲/ティモフェーエワ、ラヴロフスキーほか出演/1976年収録)
3:『白鳥の湖』
(ゴルスキー振付/チャイコフスキー作曲/セメニャカ、アニシモフほか出演/1979年収録)
4:『パガニーニ』
(ラヴロスキー振付/ラフマニノフ作曲/コンドラチェヴァ、ラヴロフスキーほか出演/1979年収録)
5:『メロディ』
(メッセレル振付/ドヴォルザーク作曲/パヴロワ、ゴルデーエフほか出演/1977年収録)
6:『シンデレラ』
(チーチナゼ振付/プロコフィエフ作曲/ドロズドーワ、テデーエフほか出演/1975年収録)
7:『ロマンス』
(ゴレイゾフスキー振付/キルスナー作曲/ズブコフスカヤ、クズネツォフ ほか出演/1970年)
8:『ノートルダム・ド・パリ』
(プティ振付/ジャール作曲/チェンチコワ,ベレズノイほか出演/1980年収録)
9:『試合』
(シーリング振付/マトゥス作曲/マクシーモワ、ワシーリエフほか出演/1973年収録)

CS(シアター・テレビジョン)で放映されていたものを録画鑑賞。ザっと流して見ただけなのですが、プティの『ノートルダム・ド・パリ』は食い入るように見ました。けっこう古くから上演されてた作品だったんですね。カジモドとエスメラルダのパ・ド・ドゥはニコラ・ル・リッシュとイザベル・ゲランのパリ・オペラ座のものしか見たことがなかったので他の人のカジモドはとても新鮮でした。でも、私の中では、カジモド=ニコラで、すっかり出来上がっちゃってますが・・・。
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 21:33:47│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。