メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-AMP『白鳥の湖』(ニコラス・カフェツアキス×クリストファー・マーニ)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年03月20日(Sun)

AMP『白鳥の湖』(ニコラス・カフェツアキス×クリストファー・マーニ)

カテゴリー:AMP(マシュー・ボーン)記事編集

AMP『白鳥の湖』SWAN LAKE
【振付】マシュー・ボーン
【音楽】ピョートル・チャイコフスキー
【出演】ニコラス・カフェツアキス(ザ・スワン/ザ・ストレンジャー)、クリストファー・マーニ(王子)、オクサーナ・パンチェンコ(女王)、ピーター・ファーネス(執事)、リー・ダニエルズ(ガールフレンド)、キャブ・パーサンド(幼少の王子)
2005年3月20日(日)13:00~大阪フェスティバルホールにて鑑賞

2005年3月20日(日)13:00~大阪フェスティバルホールにて鑑賞。座席が、席が前から2列目という恐ろしく前のド真中だったのだが、前過ぎるのはダメだな。ダンサーたちの足首から下が全然みえない。足先の動きがほとんど関係ないこの作品だからいいけれど、クラッシック演目では絶対にイヤ。しかし、出演者たちの表情なんかは、双眼鏡なしでもよくわかる。あと、スワンたちって、結構鳴いていたんだなーということもわかる。シューシューと威嚇の声をあげておりました。今年の日本公演では、ザ・スワン&ザ・ストレンジャー(一人二役)はホセ・ティラードとジェイソン・パイパーのダブルキャスト、王子はクリストファー・マーニー、ニール・ウエストモーランド、首藤康之のトリプルキャストとなっており、キャストは当日開演直前まで発表されないのは例年どおり。関西では4公演あり、私は首藤さんの王子が見たいがために2公演分のチケットをヤマを貼って購入している。幸いなことに、関西公演は、王子役はクリストファー・マーニーと首藤康之さんのダブルキャストで行うらしく、2名しか来阪していないという情報を数日前にゲットした。ということは首藤王子にあたる確率は2分の1。ついでに私はクリスの王子にも興味があったので、どっちの王子もみれて、おまけにザ・スワンも両方見れたらラッキー!ってな気分で劇場へ行ったのだが、王子にラッキーあれば、ザ・スワンに不幸が・・・・。長期公演の宿命ともいえる、怪我人続出で、2人のザ・スワンがどうもヤバイとか。関西公演初日のマチネはジェイソンのザ・スワンと首藤さんの王子。ソワレは、ホセのザ・スワンとクリスの王子の予定だったらしいのだが、ホセが怪我で戦線離脱。王子はそのままクリスで、ザ・スワンは、キャスト表に載っていない第三のザ・スワンが登場したそうである。この第三のザ・スワンがクセ者で、じつは普段は白鳥軍団の1羽として踊っているニコラス・カフェツァキスというダンサーなんだけれど、去年も数回ザ・スワンを踊り、その度に、かなり評判が悪かったという人。そんなザ・スワンがついに関西で登場した上に、相変わらずのザ・スワンっぷりだったようで、某サイトあたりでも昨夜はブーイングの嵐。というわけで迎えた3回目の公演の今日。昨日がニックのザ・スワンとクリスの王子だったから、今日は、違うペアのはず!きっとジェイソン&首藤さんだわね!なーんてウキウキ気分で劇場へでかけたら。「本日のザ・スワン役のキャストはホセ・ティラードでしたが、怪我のため、ニコラス・カフェツァキスに変更になりました。」という張り紙が。がーーーーーん・・・・・。ジェイソン&首藤さんじゃなくてもいいけど、スワンがまたニックかよー。これじゃ昨日のソワレと同じキャストじゃんかーーーー(涙)。というわけで、史上最悪という噂のニックのザ・スワンを見てきたわけだが、やはり、代役は代役でしかないのよね。噂どおり、カリスマ性が全然ない。だってね、白鳥軍団の中で一緒に踊っていると、見失ってしまうんですよ・・・・・。あんな大事な一羽を見失ってどうする!と自分を叱咤激励し、再度注目してみるのだけれど、存在感がなさすぎて、どうしてもすぐに見失ってしまうのよ。ザ・スワンでこの状態だったら、ザ・ストレンジャーになったら、もっとヤバいんじゃないのか?と思った私の予感は見事に的中で、ザ・ストレンジャーは、本当に見てはいけないものを見てしまったような気分でした。今日の日ほど、アダム・クーパーを恋しく思った日はありません。アダムのザ・スワン&ザ・ストレンジャーはDVDでしか見てないけれど、先日、生アダムの「危険な関係」を観ただけに、あのヴァルモン伯爵とザ・ストレンジャーの役柄がかぶり、よけいに、差が歴然。アダムって、すごかったのねぇ・・・と、深く見直しました。でも今日の公演は悪いことばかりじゃなかったのである。ニックのザ・スワンが、どうしようもなかったかわりに、クリスの王子が、最高に素晴らしかったのである。いやー、私、彼の王子大好きだわ。というのも、とにかく、すごくカワイイのです。顔だとかルックス的なことじゃなくて(ルックスも確かにカワイイのだけれど)、感情をものすごくストレートに出す王子なんですよ。孤独にさいなまれてるときは、本当に苦しそうだし、嬉しいときは、本当にルンルンしてる。嫉妬するときは、本当に身悶えしてるし、泣き叫ぶときは、狂ったように絶叫して泣いている。なんてカワイイんだろう・・・ってドドドドドーっと王子の気持ちに感情移入しちゃえる感じ。そういう可愛らしさのせいか、マザコンで母親である女王にまとわりつく姿も、違和感がないのよね。母の愛が欲しいから、真直ぐに求めているって感じで、マザコンな姿が、全然気持ち悪くない。男であるザ・スワンへ惹かれる気持ちもゲイっぽさを感じない(これは、王子のキャラクターに関係なく、実はスワンに色気がないからそう見えただけなのかもしれないが・・・。)爽やかさがある。このまま首藤王子を見れなかったとしても、クリスの王子2回見てもいいかも・・・と思えるぐらいに気に入りました。しかし、そんなクリス王子が心を奪われるザ・スワンが、あんなへなちょこザ・スワンじゃ、やっぱり絵にならないのよね・・・。ザ・スワンと王子のパ・ド・ドゥも、すっかり、クリス王子の独壇場。っていうか、ザ・スワンを見るとストレスがたまるので、ザ・スワンを見るのをやめました。カリスマ云々以前に、技術力にも疑問あり。オイ!アラベスクは、しっかり止まれ!!ピタっと止まって、王子の目を見て、誘惑しなきゃダメでしょう!確かに、あの状態でピタっと止まるのが難しいのはわかる。アダム・クーパーでも足の筋肉がプルプルと震えていたし。でもプロなら、プルプル震える程度で押さえてよ。100歩譲って、フラフラするのも許そう。でも、今日のはグラグラ、いや、グラングランってな状態だったぞ・・・・。アダム&スコットのスワンと王子のときは、王子がそっと太ももに手を添えるだけのポーズで、ニックがグラグラするもんだから、クリス王子が、グっと指が食い込むほどに力をいれてニックの太ももを掴んで、腕がぷるぷるしながら支えてたのには、思わず笑いました。明日は、ジェイソンのザ・スワンでありますように・・・・。ジェイソンがダメなら、首藤さんを王子じゃなくてザ・スワンにコンバートして、クリス王子と踊らせようよ!おねがいだから、ニックのザ・スワン3連投はやめて下さい。プリーズ。

スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 22:01:06│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。