メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-『ダンスへの招待【第6話】』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年03月15日(Tue)

『ダンスへの招待【第6話】』

カテゴリー:ドキュメンタリー映像記事編集

『ダンスへの招待【第6話】』
【出演】
マーサ・グレアム、 クェンティン・ルイエ、 ジャン=クリストフ・マイヨー他
【演目】
マーサ・グレアム振付『バッハ:パッサカリア』『ソング・ソング』
ジャン=クリストフ・マイヨー振付『イルミネーションズ』他

CS(クラシカ・ジャパン)にて放映されていたものを鑑賞。フランス製作のドキュメンタリーです。やはりドキュメンタリーというのは、その対象に興味がないと辛いのよね。コンテンポラリーダンスに全然興味がない私には、今回のもの(第6話)は、かなり辛かった。とくにマーサ・グレアムのインタビュー。長いし、話が全然面白くないし、英語も妙に耳触り悪いし・・・・。ただ、ジャン=クリストフ・マイヨーがあんなに美しい男性だったとは!?という驚きの発見はありました。ノイマイヤーのところ(ハンブルグ・バレエ団)で踊っていた方だったんですね。知らなかったので勉強になりました。
スレッドテーマ:コンテンポラリーダンス ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 22:08:55│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。