メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-パリ・オペラ座『ラ・シルフィード』(ラコット版)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年07月30日(Sat)

パリ・オペラ座『ラ・シルフィード』(ラコット版)

カテゴリー:パリ・オペラ座バレエ記事編集

パリ・オペラ座『ラ・シルフィード』(ラコット版)La Sylphide
【音楽】 ジャン・マドレーヌ・シュナイツホッファー
【振付】 ピエール・ラコット          
【原振付】 フィリッポ・タリオーニ
【舞台美術】 マリー・クレール・ミュッソン
【衣装】 ミシェル・フレスネ
【出演】 シルフィード : オーレリ・デュポン
     ジェームズ  : マチュー・ガニオ
     エフィー   : メラニー・ユレル
     魔女     : ジャン・マリー・ディディエール
     グルン    : エマヌエル・ホフ
     エフィーの母 : ヴィルジニー・ルスリエール
     パ・ド・ドゥ : イザベル・シアラヴォラ 、ジル・イゾアール
     パリ・オペラ座バレエ団
【管弦楽】 パリ・オペラ座管弦楽団
【指揮】  エルマンノ・フローリオ
【収録】  2004年7月 パリ・オペラ座(ガルニエ宮)、約2時間15分

「ラ・シルフィード」(全2幕)「ラ・シルフィード」(全2幕)
パリ・オペラ座バレエ団 ガニオ(マチュー) デュポン(オーレリ)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天市場でも取り扱っているようです。

北米版インポートDVDはリージョンフリー。(発売元のサイトで確認できます。)

SylphideSylphide
Lacotte , Dupont , Ganio , Hurel

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


収録されている映像の一部はこちらの動画で見れます。


NHKにて放映されていたものを録画鑑賞。市販されているDVDと内容は同じだと思います。DVDの発売日とほぼ同時期にオンエアーしてくれるとは、NHKってすごいですねぇ。さて、この映像はラコット版の「ラ・シルフィード」です。ブルノンヴィル版よりも踊りの見せ場が多く、上演時間も長いので見ごたえがあります。この映像の舞台は、パリ・オペラ座でスジェからプルミエ・ダンスーを飛び越えて、いきなり「飛び級」でエトワールに昇格したマチュー・ガニオがエトワール任命後初めて主演した舞台として、かなり話題になったものだそうです。しかし、これ、当初はマニュエル・ルグリとオーレリー・デュポンでテレビ収録を行う予定だったらしい・・・・・。マニュエル・ルグリが怪我をしてマチュー・ガニオに交代したそうで・・・・・。個人的には、ルグリのジェームズがみたかったなぁ・・・。(だってマチュー・ガニオはまだまだ若いから、これからもどんどん映像を残せそうなんだもの・・・。)さて、注目のマチュー・ガニオですが、やっぱりママン(ドミニク・カルフーニ)に顔がソックリですね。首から上は、ママン、そして、首から下の体型やスタイルはパパ(デニス・ガニオ)ソックリ。(ちなみに私は若き日のデニス・ガニオ、大好きです。カッコイイ!)二人のいいトコ取りで生まれたサラブレット君ですね。私はドミニク・カルフーニの顔ってあまり好みではないので、マチュー・ガニオも女の子みたいにキレイだとは思えども、だから?って感じなんですが、この人の持つ華やかさには目が惹きつけられます。きっと、これから、どんどん踊りに磨きをかければ、かなりの人気者になることでしょう。物語は悲劇ではありますが、とても可愛らしい演目でした。こういうカワイイ雰囲気の物語を若々しい(≒ある意味カワイイ)マチュー・ガニオという配役で見れたのは幸運だったのかもしれません。母性本能がくすぐられて、本来なら大馬鹿者!と罵ってもバチが当たらないであろうジェームズが、とても可哀想で愛おしくさえ思えてしまいましたから。赤いキルト姿のマチュー・ガニオは、スカートをはいた大きな女の子みたいでした。襟元のフリルも女の子っぽかったし。技術的にはジェームズというのは、足サバキが命!って感じですが、マチュー君は、技をこなすのが精一杯?まだ踊りから優雅さみたいなものは感じられませんでした。このあたりは今後に期待でしょうかね。シルフィードのオーレリー・デュポンですが、相変わらず美しいですね。ふわり、ふわりと踊る姿に、うっとりしました。ただ、シルフィードってもっと可憐で儚げなイメージを持っていたんですが、オーレリーのシルフィードは、燐としていて、なんとなく強い感じのするシルフィードでした。オーレリー・テュポンってちょっと表情が冷たい感じがするときがあるんですよね。それがちょっと気にもなりました。コール・ド・バレエは、さすがパリ・オペ。いつみても踊りが整然としていて美しい。シルフィードたちのダンスにうっとり酔いしれました。空を飛ぶシルフィードも、とても幻想的でステキでした。
あと、オープニングのタイトルロールのイラスト画の使い方やチェックの色の背景の使い方も、とてもセンスが良くて素敵でした。

この情報がお役に立ったなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 23:19:37│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。