メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-アメリカン・バレエ・シアター『海賊』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年07月27日(Wed)

アメリカン・バレエ・シアター『海賊』

カテゴリー:アメリカン・バレエ・シアター記事編集

アメリカン・バレエ・シアター『海賊』LE CORSAIRE 
【振付】コンスタンチン・セルゲイエフ
【出演】イーサン・スティーフェル(コンラッド)、ジュリー・ケント(メドーラ)、ウラジミール・マラーホフ(奴隷商人)、アンヘル・コレーラ(アリ)、ホアキン・デ・ルース(ビルバンド)、パロマ・ヘレーラ
【音楽】アダン、ドリーブ、ドリゴ、プーニ、オルデンブルク公爵
【演出】アンナ=マリー・ホームズ
【美術・衣装】イリーナ・コンスタンチノヴァナ・チビロワ
【衣装】ロバート・ペルジオラ
【照明】メアリー・ジョー・ドンドリンガー
【指揮】エルマノ・フロリオ
【演奏】パシフィック交響楽団
【収録】1999年2月、カリフォルニア
バレエ「海賊」全3幕バレエ「海賊」全3幕
アメリカン・バレエ・シアター

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-06-22
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

北米版インポートDVDはこちら。(リージョン要確認)
Le CorsaireLe Corsaire
Corella ,De Luz, Herrera , Kent

Image Entertainment 2000-10-31
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



シアターテレビジョンで放映されていたものを鑑賞。市販のDVDと同じ内容で、幕間にダンサーによるストーリー解説が入ります。これが、素顔のダンサーを垣間見れて、なかなか楽しい。素顔になると、イーサン・スティーフェルがダントツでカッコいいですね。それにしても、ABTのこのメンバーの「海賊」は、DVDを買っても損はない!という噂は本当でしたね。とにかくスゴイです。明るく楽しく元気一杯でABTらしさ満点の舞台でした。まず、キャストが超豪華。ABTのスター全員集合。とくに、意外だったのが、王子キャラが定番のマラーホフが奴隷商人を踊っていること。それがまた意外とよく似合うのだ。とてもチャーミングで憎めない奴隷商人。踊りは、手足の長さと全身のしなやかさが素晴らしい。これを見てしまうと、逆に王子キャラが想像できないぐらいです。マラーホフって三枚目も上手いということが確証される映像でしょう。コンラッド役のイーサン・スティーフェルの力強いダンスも魅力的でした。ガハハハと大口をあけて笑うマイムも豪快で、なかなか素敵なコンラッド。跳躍の高さ、踊りのキレの良さも見ごたえがありました。そして、会場中を総立ちにさせたアンヘル・コレーラのアリ!本当に、あのピルエットの速度は凄い・・・・・・・・・。人間業とは思えません。素晴らしいアリでした。あと、個人的にとても好みの踊りだったのが、ホアキン・デ・ルース。形がきれい。女性陣は、メドーラ役のジュリー・ケントが、とてもカワイイ&美しく、華があり素敵でした。とにかく、男性ダンサーの見せ場がてんこ盛りの「海賊」は、ミーハーな私のツボを突き、大好きな演目となりました。エンターテイメント性が抜群で、楽しいバレエ作品なので、初心者にもオススメですね。私も友人たちへの布教用に活用しています。ちなみに布教のターゲットになった友人たちは、100発100中で『海賊』という作品に夢中になっております。

よろしければ、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif


スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:27:09│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。