メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ダンスへの招待【第2話】 -

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年02月16日(Wed)

ダンスへの招待【第2話】 

カテゴリー:ドキュメンタリー映像記事編集

ダンスへの招待【第2話】Dancing Stars Ep.2
【出演】モーリス・ベジャール、パトリック・デュポン、シルヴィ・ギエム、マッツ・エック、クルベリー・バレエ団、マレー・ルイス、グループ・ロリータ、 フィリップ・ドゥクフレ、ミシェル・ブリュエル他 
【演目】
モーリス・ベジャール振付『春の祭典』『孤独な男のためのシンフォニー』『現在のためのミサ』『椅子』 
マッツ・エック振付『ジゼル』『春の祭典』 
グループ・ロリータ『迷路』 
ミシェル・ブリュエル振付『蝶々夫人』他、
【収録】約59分

CS(クラシカ・ジャパン)にて放映していたものを鑑賞。今回は、モーリス・ベジャール、パトリック・デュポン、シルヴィ・ギエム、マッツ・エックと、自分が興味のある方々が出ていたので面白かった。とくに、若き日のパトリック・デュポンは、超ステキ。白いパンタロン姿でジャズ(?)音楽でバレエを踊っていた姿にうっとり見とれてしまった。インタビュー映像で写ったお顔もオトコマエでカッコイイ~。(デュポンに関しては、顔中に猫メイクされている姿しか見たことがなかったもので・・・。)若き日のギエムは、初々しくて可愛かったです。あまりギエムに特別な感情がないので、細すぎてなんだか気持ち悪いわと思ってしまった・・・。ベジャール作品は、全部じっくり見せて!っていう気分になりました。マッツ・エックってこんな人だったんですね。
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:50:51│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。