メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ダンスへの招待【第1話】-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年02月15日(Tue)

ダンスへの招待【第1話】

カテゴリー:ドキュメンタリー映像記事編集

ダンスへの招待【第1話】Dancing Stars Ep.1
【出演】ルドルフ・ヌレエフ、ジャン=クロード・ガロッタ、マース・カニングハム、ポール・テイラー、カリン・アヴェルティ、 グループ・エミール・デュボワ他 
【演目】
ジャン=クロード・ガロッタ振付『ユリシーズ』 
ポール・テイラー振付『春の祭典』『ロスト・ファウンド・アンド・ロスト』『マーキュリック・タイディングズ』他
【制作】1985年、 約55分

CS(クラシカ・ジャパン)で放映されていたものを録画鑑賞。パリ・オペラ座バレエが大好きな私としては、この第1話の見所は、やはりルドルフ・ヌレエフとカリン・アヴェルティ。とくに若き日のカリン・アヴェルティ、とてもとてもカワイイ。今もプルミエール・ダンスールとして活躍しているカリン・アヴェルティ、若い頃は、こんなに可愛かったんですねー。「ライモンダ」のバリエーションを踊ってくれているあたりも嬉しい。ヌレエフは、ヌレエフ。(笑)あなたがいたから、オペラ座バレエに夢中になれたのだわ。と感謝しながら眺めていました。『春の祭典』というと、モーリス・ベジャール振付のものを断片的に見たことがあるだけだったので、ポール・テイラー振付のものを見れたのも新鮮でした。
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 21:52:57│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。