メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-マルセイユ・バレエ団『眠りの森の美女』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月26日(Thu)

マルセイユ・バレエ団『眠りの森の美女』

カテゴリー:マルセイユ・バレエ記事編集

ローラン・プティ『眠りの森の美女』 La Belle au Bois Dormant
【出演】ジジ・ジャンメール(魔女)、ドミニク・カルフーニ(オーロラ姫)、シリル・ピエール(王子)、ルイジ・ボニーノ(王)、エレオノーラ・アバニャート(少女時代のオーロラ)、国立マルセイユ・バレエ団
【原作】シャルル・ペロー
【振付&演出】ローラン・プティ(マリウス・プティパ、ウィンザー・マッコイによる)
【装置】ロベルト・プラーテ
【衣装】ルイーザ・スピナテッリ
【音楽】チャイコフスキー
【指揮&編曲】デイヴィッド・ガーフォース
【演奏】マルセイユ歌劇場管弦楽団
【制作】1991年

CS(クラシカ・ジャパン)にて放映されたものを以前も鑑賞したことはあったのですが、いろいろと見落としていた部分があるので、改めて鑑賞しなおしました。
 何を見落としていたかというと、まず、少女時代のオーロラを踊っていた子役のダンサーが、現在パリ・オペラ座のプルミエールのエレオノーラ・アバニャートだったということ。いやー、びっくり。本当にエレオノーラ・アバニャートではあーりませんか!?大人になったアバニャートの舞台映像は、パリ・オペラ座の「イワン雷帝」で鑑賞済みですが、そのときのアバニャートの面影をしっかり持った顔立ち&踊りっぷりです。小さい頃から美少女だったんですねー。そして大人も顔負けなほど堂に入った踊りっぷりです。子役時代のお宝映像というと、マルセイユ・バレエの「マ・パブロワ」の映像でも3歳ぐらいのマチュー・ガニオを拝見できますが、あれは踊っている自覚すらなさそうなぐらい小さいので、この映像のアバニャートのほうが、もっとしっかりとバレリーナとして踊っています。
 そして、もうひとつ、見落としていたのが、王子がシリル・ピエールだったこと。スタイル抜群でステキな王子だったという印象はあったのだけれど、あれが、 ルシア・ラカッラのダーリンこと、シリル・ピエールだったとは!?うっかりしておりました。王子の登場シーンなどは、ヌレエフも真っ青なぐらいの細かいパの連続で、それを踊りこなすシリル・ピエールの脚さばきには、改めて惚れ惚れさせていただきました。カッコイイ~。しかも美尻。(惚)
 さて、この舞台ですが、バレエ作品というよりも、むしろコメディ・ミュージカルにちかいような雰囲気の舞台でした。しかも限りなく“引田天功ショー”に近いジジ・ジャンメールためだけに作られたような「眠りの森の美女」といった印象です。もう「眠りの森の美女」というよりも、「魔女カラボス物語」というタイトルに変えたほうがいいのではないか?というぐらいにカラボス役のジジ・ジャンメールの見せ場を増やしてある作品です。プティって本当に、親バカならぬ、夫バカですね。ここまで、ジジに入れ込んでるプティ、畏れ入ります。
作品自体もオリジナルのストーリーに「白雪姫」を融合させたりしてあります。魔法の鏡に世界で一番美しい人は誰?と問いかけるカラボス、そこに写ったオーロラの姿に激怒し、オーロラを眠らせに毒りんごや、刺繍針をもって宮廷に参上するといったストーリー。そこに、衣装の早替えがあったり、マジックショーならぬ手品があったりと演出も遊び心満点で、子供が喜びそうな感じですね。逆に純粋にバレエを見たい人だと、ちょっと肩透かしを食らうかもしれません。
 オーロラ姫のドミニク・カルフーニですが、正直なところ、あまりこの方のビジュアルが好きではありません。顔と体のバランスが悪いでしょ。顔はお綺麗なんだけれど、頭が大きいわりに、体が細くて、首や胴が長いわりに脚、とくに膝下が短い。同じ系統の体形のヴィヴィアナ・デュランテとかも苦手。そんな彼女が、スタイル抜群のシリル・ピエールと並ぶと、踊り云々以前に、もう見苦しくって・・・・。でもそういった偏見を必死で拭い去って、彼女の踊りだけに集中すれば、やはり素晴らしい踊りなんですよね。ローズ・アダージオなんて、なんだか軽々と踊りこなしていた感じだし、フィッシュダイブなんて、軽やかで、華やかだし、腕の動きがとても綺麗。あと足の甲も美しいし。でもやっぱり、私には、マチュー・ガニオが女装しているよう(≒ミスター・レディ)にしか見えない。(涙)
 あと、私がとても気に入ったのが、フロリナ王女と青い鳥のヴァリエーション。鳥籠から出てきて、2人が、元気に踊る姿は、本当に小鳥のようで、とてもカワイイ振付でした。二人のコンビネーションもバッチリで、寸秒のズレもないタイミングで踊ってくれるので、見ていてとても清々しかったです。とりわけ女性ダンサーの腕の動き(ポール・ド・ブラ)が、とてもしなやかで好みだったこともあって、お気に入りの部分です。

クリックしてください。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 23:01:34│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。