メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ローラン・プティ『コッペリア』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年02月02日(Wed)

ローラン・プティ『コッペリア』

カテゴリー:マルセイユ・バレエ記事編集

ローラン・プティ『コッペリア』Coppelia
【出演】カレン・ケイン(スワニルダ)、ルディ・ブライアン(フランツ)、ローラン・プティ(コッペリウス)、マルセイユ・バレエ団
【原作】E・T・A・ホフマン、シャルル・ニュイッテル&アルテュール・サン=レオン
【振付&演出】ローラン・プティ
【装置&衣装】エツィオ・フリジェリオ
【音楽】レオ・ドリーブ
【指揮】ジャック・バジール
【演奏】マルセイユ歌劇場管弦楽団
【収録】1975年マルセイユ歌劇場

CS(クラシカ・ジャパン)で放映されていたものを録画鑑賞。とってもカワイイ&楽しいバレエでした。コッペリウスをプティ本人が演じている貴重な映像で、コッペリウスが人形と踊るシーンの演出(=自分の足に人形をくっつけて踊る)が、とっても楽しかった。人形が本当に踊っているように見えるのは、ひとえにプティの技なのかしら?群舞もとても華やかで衣装を見ているだけでも楽しかったです。

スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 10:40:27│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。