メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ロイヤル・バレエ『リーズの結婚(ラ・フィーユ・マル・ガルデ)』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月14日(Sat)

ロイヤル・バレエ『リーズの結婚(ラ・フィーユ・マル・ガルデ)』

カテゴリー:英国ロイヤルバレエ記事編集

ロイヤル・バレエ『リーズの結婚(ラ・フィーユ・マル・ガルデ)』
La Fille Mal Gardee
【振付】フレデリック・アシュトン
【出演】レスリー・コリア(リーズ)、ミシェル・コールマン(コーラス)、ブライアン・ショウ(シモーネ)、レスリー・エドワーズ(トーマス)他、ロイヤル・バレエ団
【音楽】フェルディナン・エロルド作曲 ジョン・ランチベリー編曲
【制作】1981年

2007年3月7日に廉価版DVD発売予定。

フレデリック・アシュトンのラ・フィーユ・マル・ガルデフレデリック・アシュトンのラ・フィーユ・マル・ガルデ
英国ロイヤル・バレエ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

通常版はコレ。

フレデリック・アシュトンのラ・フィーユ・マル・ガルデフレデリック・アシュトンのラ・フィーユ・マル・ガルデ
英国ロイヤル・バレエ ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

北米版インポートDVDは、発売元のサイトで確認したところ、説明文ではリージョンALLとのことなのですが、添付されている画像では「1」と表記されています。はて?

La Fille Mal GardeeLa Fille Mal Gardee
Ashton , Royal Ballet


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映像の一部は、こちらの動画で観ることができます。

CS(クラシカ・ジャパン)にて放映時に録画したものを再鑑賞。市販されているDVDと中身は同じだと思われます。原題(La Fille Mal Gardee )を直訳すると“躾の悪い娘”。リーズは、躾が悪いということでしょうかね。ストーリーを知らずに見ても、十分理解できるわかり易い構成でしたが、簡単なあらすじを説明しますと、裕福な未亡人シモーヌの娘リーズには、コーラスという恋人がいるのですが、母親のシモーヌは、この二人の恋に反対しています。母親は、ぶどう園のお坊ちゃまトーマスとリーズをくっつけようと必死。そこで、母の目を盗み、密会するリーズとコーラス。そこから母親と娘と恋人とのドタバタが繰り広げられ、最終的には、母親が折れラブラブカップルは結婚を認めてもらってめでたし、めでたしというお話です。とにかく明るく楽しいコミカルな演目です。牧歌的な雰囲気満点で、ニワトリの被り物を着たダンサーたちが踊り出したり、本物のロバが舞台に登場したり、タップダンスもあり、リボンで人間あや取り(?)なんかもあったり、小道具の傘が非常に効果的に使われていたりと、本当に楽しい陽気な舞台で、私もタップダンスの場面や、トーマスの傘が風に飛ばされる場面では、思わず声をだして笑ってしまったぐらいです。
 バレエの見所は、やはり、リーズ役のレスリー・コリアのやんちゃで元気のいい踊りでしょうね。粋が良くて、それでいてバランスはしっかりしていて、とても可愛らしいです。ちょっと雰囲気が吉田都さんぽくも見えました。コーラス役のミシェル・コールマンは、アップになると多少年齢も感じるダンサーで、ソロの部分では、技術面でやや危なっかしい部分もあるのですが、とにかくとても楽しそうに踊るので、細かい部分は許せちゃいました。足技を駆使しているあたりの踊りはステキでしたし。コール・ド・バレエもなかなか頑張っています。この演目、手にリボンだの、スカーフだの、ワインボトルだのと、何かを持ちながら踊る場面が多いので、足で魅せるといった感じの振付が多い印象です。とくに男性陣は、ヌレエフが喜びそうなぐらい、細かい足サバキが豊富でした。
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 00:02:26│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。