メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-パリ・オペラ座バレエ『眠れる森の美女』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2009年06月14日(Sun)

パリ・オペラ座バレエ『眠れる森の美女』

カテゴリー:パリ・オペラ座バレエ記事編集

※廉価版が発売されるようなので、上げておきます

パリ・オペラ座バレエ『眠りの森の美女』 La belle au bois dormant
【収録】1999年12月29日, パリ・オペラ座 (バスティーユ)
【振付】 ルドルフ・ヌレーエフ
【原振付】マリウス・プティパ
【メートル・ド・バレエ】 パトリス・バール 、クロティルド・ヴァイエ
【管弦楽】パリ・オペラ座管弦楽団
【指揮 】 デーヴィッド・コールマン
【キャスト】
オーロラ姫:オーレリー・デュポン
デジレ王子:マニュエル・ルグリ
フロレスタン王:ヴァンサン・コルディエ
王妃 :ナターシャ・ケルネ
カタラブット:ローラン・ケヴァル
リラの精:ベアトリス・マルテル
カラボス:ナタリー・オーバン
フロリナ王女と青い鳥:デルフィーヌ・ムーサン、バンジャマン・ペシュ
長ぐつをはいたねこと白いねこ:ステファン・エリザベ、レティシア・プジョル
よう精たち:マリー・アニエス・ジロ、サンドリーヌ・エノー、メラニー・ウレル、レティシア・プジョル 、ムリエル・アレ、ミテキ・クドウ、デルフィーヌ・ベイ
バレエ:パリ・オペラ座バレエ

2009年6月24日に廉価版が発売されるみたいです。

ルドルフ・ヌレエフ振付・演出「眠れる森の美女」プロローグ付3幕 [DVD]ルドルフ・ヌレエフ振付・演出「眠れる森の美女」プロローグ付3幕 [DVD]
パリ・オペラ座バレエ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



日本版DVDは2006年4月26日発売。定価は ¥4,900 (税込) ですが、予約購入の場合は¥1,078 (22%) オフ価格の¥3,822 (税込)とのこと。

ルドルフ・ヌレエフ振付・演出「眠れる森の美女」プロローグ付3幕ルドルフ・ヌレエフ振付・演出「眠れる森の美女」プロローグ付3幕


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天市場内の店舗でも取り扱いあり。

北米インポート版は2006/06/27発売。

Sleeping Beauty (Dol)Sleeping Beauty (Dol)
Tchaikovsky , Dupont , Legris , Coleman


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


欧州(リージョン2のPAL方式)版はAmazon.ukで取り扱いあり。

Sleeping BeautySleeping Beauty
Paris Opera Ballet,Pierre Cavassilas


See details at Amazon
by G-Tools


収録されている映像の一部はこちらの動画で見ることができます。


2004/12/24にNHK-BS2で放映されていたものを鑑賞しました。再放送だそうですが、NHKからの思わぬクリスマス・プレゼントでした。初めて観た「眠りの森の美女」でもあったのですが、ブラボー!チャイコフスキー!ですね。とても楽しい演目で、チャイコフスキーの3大バレエの中では、一番好き。とくに、オーロラのソロで、ポワントで床をつんつくつんつくする振付のところがお気に入り。オーレリー・デュポンのつんつくもステキでございました。王子のソロも大好き。あそこで、高い跳躍をみせてくれたら、クラ~っとしてしまいます。これで、ワタクシは、ルグリに陥落。(笑)もともと「ロミオとジュリエット」で気になっていた方だったのですが、ダメ押しが、このデジレ王子でした。いやー、全編を通じて、なんとも魅力的な脚サバキでございました。そして、なんてキラキラとしたオーラを持っている方なんでしょうか。優雅で上品な踊りで、かつ、あんなに楽しそうに、ヌレエフの高度な足技を難なくこなされた日には、惚れるなってのが無理です。まさに選ばれしダンス・ノーブル!あまりにルグリ(の脚)に夢中になりすぎて、プロローグ及び1幕の記憶がすっかりありません。私の「眠り~」は王子がすべてなので。(断言)しかもヌレエフ版は王子の見せ場がたっぷりあるんですよね。2幕の王子登場からして、じっくり王子を楽しませてくれますし、そのあたりもとっても嬉しい映像でした。ちなみに、オーロラのオーレリー・デュポンもとても美しく優雅でステキでした。他のキャストの踊りについては、また後日、じっくり再鑑賞したあとにでも追記したいと思います。ちなみに、この後、いろいろなバレ団の「眠りの森の美女」を見ましたが、私は、このヌレエフ版が一番好きです。足の妙技とクライマックスの盛り上がり方が最高。やはり、パリ・オペラ座は、コール・ド・バレエ(群舞)が圧巻。美しい。ヌレエフ万歳!
 なお、このヌレエフ版眠りの舞台裏を描いたドキュメンタリー映像(Dancer’s Dream~パリ・オペラ座の華麗な夢 Vol.1 眠れる森の美女)も市販されています。全幕映像とあわせてみると、面白いですよ。ドキュメンタリー映像では、オーロラ姫はエリザベット・プラテルです。デジレ王子はルグリ。デジレのヴァリエーションで苦悩するルグリを見れば、全幕でのありがたみも倍増です。ドキュメンタリーについての私の詳しい感想は、こちらに掲載しております。
Dancer’s Dream~パリ・オペラ座の華麗な夢 Vol.1 眠れる森の美女Dancer’s Dream~パリ・オペラ座の華麗な夢 Vol.1 眠れる森の美女


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 07:45:00│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。