メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-英国ロイヤル・バレエ『ペンギン・カフェ』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月25日(Wed)

英国ロイヤル・バレエ『ペンギン・カフェ』

カテゴリー:英国ロイヤルバレエ記事編集

英国ロイヤル・バレエ『ペンギン・カフェ』
Still Life at the Penguin Cafe
【出演】 英国ロイヤル・バレエ
【振付・演出】 デヴィッド・ビントレー
【美術・衣裳】 ヘイデン・グリフィン
【音楽】 サイモン・ジェフス&ジェフリー・リチャードソン
【演奏】 ペンギン・カフェ・オーケストラ
【ナレーション】 ドイツ語
【収録】 1989年ロンドン、 約42分

日本では、北米版インポートのビデオのみの取り扱いのようです。

Still Life at Penguin CafeStill Life at Penguin Cafe
Simon Jesses, Bintley, Penguin Cafe Orchestra


See details at Amazon
by G-Tools



CS(クラシカ・ジャパン)で放映されていたものを録画鑑賞しました。もともとは、ドイツのテレビ番組用?ナレーションがドイツ語のようでした。この作品自体は、故サイモン・ジェフス率いるペンギン・カフェ・オーケストラの音楽に触発された前衛バレエで1989年英国ロイヤル・バレエ団が初演した作品だそう。ペンギン人間のキャバレーで不思議な動物たちが仲良くダンスをしているのですが、やがて世界絶滅の危機がやってくる・・・といったあらすじのようです。前衛バレエとのことですが、ジャンル的には、何になるのでしょう?着ぐるみバレエ?バレエというよりは、コンテンポラリー・ダンスっぽい感じで、見たこともないような動きが豊富なダンスなのですが、ミュージカルっぽい軽さみたいなものがあります。音楽がカジュアルな雰囲気だからでしょうかね。バレエとして鑑賞すると複雑ですが、ダンス表現という点では、なかなか面白い作品でした。アニマル系の着ぐるみなので、子供たちが喜びそうです。
 まずは、ペンギン人間の登場。燕尾服姿の男性ダンサーたちが、黒い靴に黄色い靴下で、妙にペンギンの脚っぽい衣装で踊りだします。踊りも妙にペンギンらしい可愛さがにじみ出た踊り。しかし、あんな被り物をしていては、前が見えなくて危なくないのかしら?とか、ペンギンのくちばしが相手役の女性ダンサーの顔に当たらないかとか、みていてヒヤヒヤしちゃいました。
 次に、ライオン頭の女性ダンサーが優雅に踊りはじめます。とても色っぽいのに、顔は、妙にイカついライオン。タンゴのような妖艶さみたいなものが踊りに感じられました。
 その次にリスが登場。最初は床に寝転がっているのだけれど、起き上がるあたりからの動きが、まさしくリス!このリスが、もう、やんちゃで元気で、ちょこまかちょこまかと良く動くの。本当にリスみたいにチャーミングでした。
 その次に登場したのが、昆虫なのですが、この被り物は、日本人にはおなじみの「仮面ライダー」の女の子版にしか見えないような被り物。そんな女版仮面ライダーみたいなダンサーが昆虫っぽいピョンピョンと跳ねるような元気な踊りをしておりました。音楽も途中に「ヘイ!」なんていう掛け声もあったりして、とても活気のある雰囲気。
 次に出てきたのが、シマウマなのだけれど、これまたアフリカの大地を想像させるような雰囲気の音楽で、木琴の独特のリズムが心地よかったです。そして、シマウマのダンサーのメイクが、アフリカの原住民を思わせるようなヘアースタイル&メイク。そして動きが、なんとも、シマウマっぽくて面白い。そして銃声とともに、シマウマは大地へ倒れます。そして、一面にひろがった血の沁み・・・・。そのときのコール・ドの女性ダンサーたちの首の動きが、まさに銃声を聞きつけたサバンナの草食動物を思わせるような動きだったりするのも興味深かったです。
 そのあと、原住民?原始人?みたいな半裸の一家が登場し、パ・ド・トロワを踊った後、伐採されていく森を神妙な面持ちでみつめていました。
 この神妙な空気の次は、猿。もうまさしく猿でした。(笑)被り物が超リアル。音楽も「ビバ!」とか「ヒュー!」とかいう掛け声もあって、さきほどと一転して、とっても陽気。
 かと思いきや、またしても雰囲気が一転して、不気味な暗闇。そして雨。ペンギンは喜んでいるようですが、それ以外は、皆、どこかおびえたような雰囲気。ここで、被り物軍団が、被り物をとりはじめ、誰がどの動物だったのか、お顔がわかります。しかし、シマウマはそのまんま。するとノアの箱舟が登場。みんな、その中で、これまた神妙な面持ちで幕を迎えます。
 全体を通してみると、失われつつある自然への警鐘的なメッセージをしっかりと感じさせる作品に仕上がっていました。とはいえ、どこか楽しい雰囲気もあって、なんだか、不思議な感じもしつつ楽しめた映像でした。

このレビューを楽しんでいただけたら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif

CDはこちら。

Still Life at the Penguin Cafe
Still Life at the Penguin CafeIsobel Bradshaw Simon Jeffes Barry Wordsworth


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:07:34│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。