メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ニコラ・ル・リッシュのインタビュー動画-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月11日(Wed)

ニコラ・ル・リッシュのインタビュー動画

カテゴリー:テレビ番組(インタビュー、バラエティー系)記事編集

以前、TV5で放映されたものの、日本の放映時間帯からハズれていたため日本では見ることができなかったFrance2の番組“THE OU CAFE”のニコラ・ル・リッシュがゲストの回ですが(※このいきさつについては2005年11月14日の過去記事を御参照ください)、France2の番組サイト内にて35分の番組のうちの10分ほどの抜粋版が見れるようになっています。ニコラの写真の下にある黄色いカメラマークの横の「Voir un extrait de cette emission(この番組の抜粋を見る)」をクリックすると動画がはじまります。ニコラのインタビューはもちろんですが、プロ―モーションビデオが見れるのが嬉しい。声変わりする前の若い頃のバレエ映像やインタビュー映像、そしてギエムと「白鳥の湖」のリハーサルをしている映像、フォーサイス、バランシン、キリアン作品を踊る映像、マッツ・エクの「ジゼル」の映像もチラっと写ったかな。あとは「クラヴィーゴ」の映像、「カリギュラ」を振付けている風景など、すべて小出し映像ですが、あまり見たことのない映像だったり、どれもなかなか素敵だったりしてワクワクしました。
 
 肝心の何を言ってるかについてですが、ニコラのフランス語はルグリよりは聞きやすいとはいえ、(ルグリのは、本当に早すぎ!)ワタクシの拙い中途半端なフランス語能力だと一番肝心な単語が、わからなかったりするので、わからない部分はスッパリ省略&曖昧&意訳で間違っている可能性も大なのですが、それでもいいと言ってくれる方のために、下記に書き出しておきます。(本当に中途半端なフランス語能力な上に自信もないので、間違っていたら、ご指摘宜しく。フランス語に強い方、ご協力いただければ助かります。)
 この番組、放映時間が朝だったこともあって、冒頭は、バー(バー・レッスン)の話。「バーはあなたの職業のシンボルですね。」という切り出しから始まり、毎朝バーの前に立つことの意義みたいなバレエダンサーのインタビューにありがちな話をしています。体をゼロの状態に戻して、さらにより多くのものを吸収するように心がけるというようなことをニコラは言ってるように思われます。(かなり省略&意訳してます。)
 その後は、バレエを始めることになったいきさつみたいなことを話しているのでしょうか?ニコラのお父さんは、フランス銀行のディレクター(支配人、取締役)だったのですか?(私の聞き間違いか?)
 その後は、バイクの話になっていたような・・・。
 あとは、バレエ学校に入ってエトワールになるまで「たくさんのセレクションを勝ち抜いてきたのねー。すごいわねー。」「ええ、まあ・・・。そうですね。(照)」みたいな会話。そして21歳でパトリック・デュポンからエトワールに任命されたときの話を振られ、ニームでコラリ&ペローの古典版ジゼルを踊ってエトワールに任命され、とても嬉しかったけれど、でも、その直前も直後も、ずっと海外公演で、日本やフランス国内の舞台に出ていて、云々・・・。といった話。要するにバタバタしていて、とても嬉しかったし驚いたもののエトワール任命の余韻を味わうヒマもなかったみたいな話。任命直後の日本の舞台ってのは、あの「アナニアシヴィリと仲間たち2」のことでしょうね。その後は、「貴方のキャリアの中で最も印象に残っている振付(家)は?」という質問に対し、「どれもすべて」といういかにも曖昧な返事のあと、ジェローム・ロビンスやローラン・プティの例を挙げながら、振付家によって、振付の仕方も違っているというお話をして、ニコラは、時と場合によっていろいろな方法で振付ける(具体的に振付を提示してみたり、そうでない場合も)みたな話をしていた感じ。
「カリギュラ」の内容についての具体的な話は出ていません。もしかしたら、この後半にあったのかも。
それにしても、ニコラって、話す相手の目をじーっと見てるあたりが可愛いですね。ファンなら萌え映像かも。私もかなり好き。(笑)重ね重ね、日本で放映されなかったこと&録画できなかったことが悔やまれる内容です。TV5は、今は無料で見れるチャンネルですが、有料でもかまわないのでの放映時間帯を本当に拡大して欲しい~。banner_04.gif

スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:09:56│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。