メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-1月15日 TBS系「情熱大陸」(バレエダンサー・小池ミモザ)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月16日(Mon)

1月15日 TBS系「情熱大陸」(バレエダンサー・小池ミモザ)

カテゴリー:ドキュメンタリー映像記事編集

情熱大陸 「バレエダンサー・小池ミモザ」
【出演】
小池ミモザ、ジャン=クリストフ・マイヨー、ベルニス・コピエテルス他
MBS内の番組紹介によると

バレエダンサー・小池ミモザ、22歳。モナコにあるモンテカルロバレエ団は今、ヨーロッパで最も名高いバレエ団として君臨している。そこで小池は昨年秋、日本人初、そしてバレエ団史上最年少ソリストになった。
「日本では背が高すぎて相手役がいないといわれた」小池は身長・175cm、団員の平均身長も175cmのこのバレエ団でまさに水を得た魚のように踊っている。手足の長い美しい肉体美、驚異的な柔軟性・・・。そんな彼女を見出したのは、振付家であり、モンテカルロバレエ団の芸術監督をつとめるジャン・クリストフ・マイヨーだった。
現在バレエ団は20周年記念公演「真夏の夜の夢」に向けての稽古が始まっている。役獲得のためにしのぎを削るダンサー達の中で、小池に割り当てられた役は・・・?
異国の地で、ダンサーの頂点・エトワールを目指す一人の女性の跳躍の時をカメラが追う。

とのことです。


2006年1月15日(日)23:00~23:30に毎日放送(TBS系)で放映されていたものを鑑賞しました。モンテカルロ・バレエ団に在籍している23歳の日本人バレリーナ、小池ミモザさんについてのドキュメンタリー。とても長身で大柄なので、なかなか日本では主役を踊れなかったとか。居場所を探し、海外へ出て、マイヨーに見初められモンテカルロバレエ団でソリストとして活躍中。「真夏の夜の夢」を題材にした「夢 Le songe」では、主役のベルニス・コピエテルスのセカンドとしてキャスティングされているのだそう。モンテカルロ・バレエにコピエテルスあり!というぐらい、ベルニス・コピエテルスの存在感はいつ見ても圧倒的なので、小池さんが彼女のセカンドに選ばれただけでも素晴らしく前途有望なことなのではないかなーと思います。長身で大柄とはいえ、とても美しい体形をしておられるし、踊りもステキだったので、ぜひ頑張って欲しい方。スタイル抜群なだけあって、練習着姿も私服姿もカッコイイ!彼女に対するマイヨーやコピエテルスのコメントも温かくていいですね。とくに、コピエテルス。舞台裏でも本当にステキ。
小池さんは、リヨンのコンサルバトワール出身とのことでしたが、その当時の写真にエリザベット・プラテル発見。プラテル好きな私としては、ちょい嬉しい。あと余談ですが、モンテカルロバレエ団の創立者であるハノバー公妃カロリーヌさんが会場に登場なさったときに身に着けていた指輪の大きさにビックリ。あれ、ルビー?デカイ・・・。(驚)
ちなみに番組でも紹介されていた「シンデレラ」と「夢 Le songe」は、2006年7月8日 ~ 2006年7月17日の来日公演でも上演されるそうです。(場所はオーチャードホール。)楽天チケットでも取り扱いあり。1月19日から先行予約受け付け。

モンテカルロ・バレエ団の「ラ・ベル」のDVDはこちら。私の感想はコチラ

La BelleLa Belle
キーロフ歌劇場管弦楽団 ゲルギエフ(ワレリー)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




楽しんでいただけたら、クリックをお願いします
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 02:00:02│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。