メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-雑誌「VOGUE」2月号(マリ=アニエス・ジロ)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月13日(Fri)

雑誌「VOGUE」2月号(マリ=アニエス・ジロ)

カテゴリー:書籍・雑誌記事編集

vouge2.jpg2005年12月26日発売
「VOGUE」Feburary2006 NO.78
Brilliant Body 好きなことをする身体は、美しい。
マリ=アニエス・ジロ (カラー3ページ)




年末に読んでいたのですが、紹介するのを忘れてましたね。美しいニコール・キッドマンが表紙の2月号のVOGUE。今月号はWOMANと題して女性特集なのですが、雑誌の後半のあたり、カラーで3ページほど、パリ・オペラ座のエトワールのマリ・アニエス・ジロが紹介されています。オペラ座のリハーサル室で衣装をつけている写真、ブルーの衣装でストレッチをしている写真、どちらもとても芸術的で美しく見とれてしまいます。インタビュー記事は、ボジティブな考え方がよく表れている感じのコメントでした。ジロ本人も自分の身体を「筋肉質」だと認めていて、友人からも言われるとか。失礼ながら、実は、私もジロの筋肉質なボディってあまり好みではなくて、踊りは、カッコイイと思うのだけれど、脚はゴツゴツしている感じがするのであまり近くで見たくないというか、チュチュで踊って欲しくないダンサーだったりするのだけれど、本人も気にしてたのね。でもやはり古典よりコンテのほうが似合いそう。ジロが踊る夏のベジャール版「ボレロ」なんて、素晴らしく似合いそう。見たいなー。
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:34:00│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。