メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-シアター・テレビジョン「愛ッパ~飛び出せ稽古場」#17芳賀望-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年11月18日(Fri)

シアター・テレビジョン「愛ッパ~飛び出せ稽古場」#17芳賀望

カテゴリー:テレビ番組(インタビュー、バラエティー系)記事編集

 CSシアター・テレビジョン「愛ッパ~飛び出せ稽古場」
#17:前編 (10/29~11/11)
#17:後編 (11/12~12/2)
ゲスト:芳賀望(K-BALLET COMPANY)

10分程度の番組で、前編は、芳賀望さんと小林愛さんがオルゴール博物館へ行って、いろんなオルゴールを紹介しつつ、芳賀さんのプロフィール紹介をするといった感じ。芳賀さんは、とてもシャイな方で、トークは、かなり苦手な様子でした。シカゴのジェフリー・オブ・シカゴ(?)にバレエ留学しておられたとのことですが、あんなにシャイでアメリカで生きていけたのか?と心配になるぐらい、アメリカナイズされてない、自己主張しない内気な青年でした。あれだけ内気だから、勝気な熊様の下で黙々とがんばっていけるのかなーなどと邪推したり。
なんとなく地味な印象の芳賀さんですが、ジーンズとカットソー姿だと、やはり立ち姿がバレエダンサーだし、筋肉もバランスよくついているから、一般人とは違うスタイルの良さみたいなものを感じました。芳賀さんの舞台映像も少し映ったのですが、踊り方が、熊様に似てきてますね。芳賀さんにとって熊様は子供の頃からの憧れの人のようなので、がんばって精進して熊様レベルで踊れるようになってくださいませ。年末のKバレエの「くるみ割り人形」の宣伝もありました。かなりのスタッフ数と大金とを注ぎ込んでの舞台だそうですね。残念ながら、私は今回、この公演は不参加なので、実際に見て確かめることはできませんが・・・。
後編は、芳賀さんがKバレエに入ったいきさつについて。アメリカのバレエ団にいながらインターネットで仕事をさがしていてKバレエの募集を見てオーディションを受けたのだそう。まだKバレエに入って2年ちょっとだそうです。「くるみ割り人形」の公演での役作りについては、くるみ割り人形のときは、カッコよさを、王子になってからは、優しさをアピールした踊りを踊りたいとのこと。あと、芳賀さんは、マイムの最中に口をパクパクしてしまう癖があって、いつも熊川さんに注意されるんだそうです。でも目や表情で相手に語りかけていると、つい言葉をかけたくなっちゃうんですって。さすがに声は出さないのだけれど口がパクパクしちゃうと苦笑している姿が、妙にほほえましかったです。とにかく前編・後編通じて内気でおとなしい人という印象で、舞台の宣伝で出演しているのに、自分をアピールするのは苦手な感じでした。ほんとうにキャラクター的に熊川さんと正反対ぽいのだけれど、そのあたりが、案外、うまくいく理由?と邪推してみたり・・・。とにかく頑張って!と応援したくなるほど控えめな方でした。
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 23:27:05│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。