メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-2月16日(木) 日本テレビ 「金のA様×銀のA様」(竹島由美子)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年02月17日(Fri)

2月16日(木) 日本テレビ 「金のA様×銀のA様」(竹島由美子)

カテゴリー:テレビ番組(インタビュー、バラエティー系)記事編集

2月16日(木)19:58~20:54 日本テレビ系列 「金のA様×銀のA様」
オランダ国立バレエ団プリンシパルダンサー・竹島由美子の半生に迫る。
オランダで成功した日本人のバレリーナ…彼女の(秘)商売とは!

番組公式サイトはこちら

オランダ国立バレエ団のプリンシパル・バレエダンサーの竹島由美子さんは、2003年に会社「YUMIKO」を設立し、ダンサーのためのレオタードを制作し、世界中のプロのダンサーに提供しているそうです。「YUMIKO」のサイト(www.yumikobdywear.com)では竹島さんのプロデュースするダンスウェアの注文から、竹島さんのダンサーとしての最新情報も随時掲載しているとか。この竹島さんのサクセス・ストーリーは非常に面白かったです。レオタード事業で成功し、バレエダンサーとしてプリンシパルになるまでには、想像以上の苦労をなさっていたようですね。その苦労を一緒に乗り越えてきたダンナ様が、とてもステキでした。貧乏時代、毎日じゃがいもを食べながらのポジティブな発言や、縫製工場をつくってあげるあたりの段取りのよさとか、本当にパートナーとして魅力的な方で、そういう相手をパートナーにしている竹島さんを羨ましく思いました。
しかし、いくらバラエティ番組を盛り上げるためだからといって、聞き逃せないようないいかげんなナレーションが非常に気になる番組でもありました。まず、オランダがバレエ大国だなんて聞いたことないし、「世界で5本の指に入るオランダ国立バレエ団」だなんて、それは、いくらなんでも大嘘でしょう。(怒)世界で5本の指に入るバレエ団といったら、パリ・オペラ座、ボリショイ、マリインスキー、英国ロイヤル、アメリカン・バレエ・シアターじゃないんですか?少なくとも私はそう思っていましたけど。この5つのバレエ団にオランダのバレエ団が勝っているだなんて、いくらなんでもあり得ねー!と思いました。(怒)このへんは、市販されている映像の数を見たって、明らかだと思うのだけれど・・・。竹島さんを持ち上げるためとはいえ、バレエを知らない人が聞いたら、これをすべて信じてしまうと思うと、マスコミの無責任さを責めたくなります。男性ダンサーを「バレリーナ」って呼ぶあたりも、妙に気になりました。バレリーナって女性のことなのに・・・。ちょっと不勉強だよね。
オランダの文化紹介の部分はとても興味深かったです。オランダは、以前2度ほど訪れたことがある国ですが、駅のコロッケの自動販売機だとか、運河の風景がとても懐かしかったです。(※過去のオランダ旅行記や写真などはこちらのサイトに掲載しています。)オランダでは、運河には、景観を維持するために柵をつくらず、そのかわりに子供が落ちたときのために、子供日たちには洋服を着たまま泳げるようにする訓練を学校で受けさせる義務があるとか、日本人の感覚からすると、非常に面白い考え方ですね。まさしくカルチャーショック。町の中に、オランダとベルギーの国境があるというあたりも面白い!家の中に国境があるお宅もあるなんて、ビックリしました。チューリップやべに花など、いろんなお花をお料理にアレンジして食べさせてくれるレストランも一度体験してみたくなりました。というわけで、バレエの部分よりそれ以外の部分のほうが私は面白かったです。

この情報がお役に立ったなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 01:20:21│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。