メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-大阪心斎橋そごう本店にてバレエイベント『ディアギレフからベジャールまで』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年03月22日(Wed)

大阪心斎橋そごう本店にてバレエイベント『ディアギレフからベジャールまで』

カテゴリー:バレエ情報記事編集

※開催日が近いので、あげておきます。

関西限定のローカルネタですが、3月24日(金)・25日(土)・26日(日)そごう劇場にて、ベジャール=ディアギレフに出逢うバレエの面白さを紹介するイベント『そごうバレエ・スペシャル~ディアギレフからベジャールまで~』なるものが開催されるそうです。舞踊評論家、佐々木涼子氏によるトークショーや貴重品・写真パネル展示などバレエファン必見の特別催しを開催とのこと。以下に内容詳細を。

そごうバレエ・スペシャル~ディアギレフからベジャールまで~
3月24日(金)・25日(土)・26日(日)
大阪心斎橋そごう本店14階 そごう劇場にて

鑑賞無料イベント(昼の部)
■「世界バレエフェスティバル」
秘蔵記録映像上映会(鑑賞無料)
《各日午前11時/ 午後12時30分/2時/3時30分(24日のみ)》
今夏、東京で開催される「第11 回世界バレエフェスティバル」に先がけ、これまでの記録映像からハイライト・シーンを上映。

■世界のバレエ特別展示(鑑賞無料)
【特別展示の例】
・近代バレエのポーズを彷彿させる15 世紀フィレンツェのブロンズ
・ロマンチック・バレエを代表するバレリーナ、マリー・タリオーニの足型
・マーゴ・フォンティーンが「白鳥の湖」で使用したオデットの頭飾り(英国ロイヤルバレエ団)
・ルドルフ・ヌレエフが着用した「眠れる森の美女」のカラボスの衣裳(ウィーン国立歌劇場)
・クロード・ベッシーが「エチュード」で使用したティアラ(パリ・オペラ座バレエ団)
・シルヴィ・ギエムの足型 他

■写真パネル展示(鑑賞無料)
※アンケートにお答えいただいたお客様の中から 抽選で展示で使用した写真パネルをプレゼント。

有料スペシャルイベント(夕の部)
※各公演、ご入場は開演30 分前から

■トークショー
『だからバレエはおもしろい』(有料)
講師:佐々木涼子(舞踊評論家・東京女子大学教授)※3日間出演

■ 3月24日(金)
『ロマンチック/クラシック・バレエの時代』
ゲスト:斎藤友佳理(東京バレエ団プリマ)
開演:午後6時30分 入場料:2,000円(自由席) ※3月1日(水)発売

■3月25日(土)
『ディアギレフとバレエ・リュスの時代』
開演:午後4時30分 入場料:2,000円(自由席) ※3月1日(水)発売

■3月26日(日)
『ベジャールの時代』
ゲスト:上野水香(東京バレエ団プリマ)
上野水香のソロによる『ボレロ』実演(群舞は無し)
開演:午後4時30分 入場料:4,000円(自由席) ※3月1日(水)発売

3日間連続入場券=特別チケット6,000円。
2月20日(月)からの先行発売〈100名様限定〉チケットは、チケットぴあ&そごう心斎橋本店14階そごう劇場のチケット販売カウンターで取り扱いとのこと。詳しくは、そごう心斎橋本店のそごう劇場のサイトを御覧ください。


しかし、こんな楽しげなイベントが地元で開催されるというのに、不運なことに、この日程だと旅行中なのでワタクシは全滅です。世界バレエフェスティバルの秘蔵映像と、写真パネルがもらえるってのが気になるよぉ・・・。(涙)首藤康之さんが参加されていないことが、行けない私にとっては唯一の救い。これで、首藤さんが参加してたら、自分の身の不幸を泣くに泣けないわ・・・。参加された方、気の毒な私に、ぜひレポをお願いします。

この情報がお役に立ったなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif


スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 00:13:05│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。