メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-アダン『ジゼル』(カラヤン&ウィーン・フィル)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年03月18日(Sat)

アダン『ジゼル』(カラヤン&ウィーン・フィル)

カテゴリー:バレエ音楽のCD記事編集

アダン『ジゼル』
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1962年6月、ゾフィエンザール、ウィーン[ステレオ]


国内版CDは、現在廃盤。
(※Amazonでは、オリジナル版と記載されていますが、実際は抜粋版です。)

アダン:ジゼル(オリジナル版)アダン:ジゼル [Limited Edition]
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 アダン カラヤン(ヘルベルト・フォン)

 Amazonで詳しく見る
by G-Tools

北米版インポートCDも、現在廃盤で取り扱いがないようです。

B00000E3C5Giselle
Adolphe Adam Herbert von Karajan
Polygram Records 1990-10-25

by G-Tools

2006年03月31日 発売予定の欧州版は、HMVで取り扱いあり

20060302115843.jpgGiselle
Adolphe Adam
Herbert von Karajan

¥1,617
HMVで詳しく見る



全曲版ではなく、一応抜粋版のようです。トラック数は19で60分ちょっと。どの曲がないのかは、私にはわかりませんが、たしかに、あれ?っと唐突に次の曲が来る部分があったような気もしました。アダンのように、純粋な音楽としては評価の低い作曲家の方の作品って、なかなかCDを探すのもたいへん。私の場合は、聞くだけで踊るわけではないので、買ってまで聞くのであれば、一流のオケ、一流の指揮者の一流の演奏を聞きたいですもん。で、みつけたのが、このCD。指揮は、カラヤン、オケはウィーン・フィル。だったら間違いないだろう!とブランドネームに引かれて手に入れたCDだったのですが、残念ながら、期待ハズれでした。(苦笑)イメージと違うといってしまえばそれまでなんですが、いかんせん、音源が古いんですよ。それをデジタルリマスターしているからでしょうか、音は一応クリアではあれど、ものすごく音が軽くて薄っぺらい。音に奥行きがないんです。もうちょっと重みも欲しいなぁ・・・。カラヤンは、やっぱりベルリン・フィルとのほうが断然魅力的。ベルリン・フィルの奥行き満点な体中を包み込むように渦巻くような弦の音が好きなので、どうもこのCDでは、私は物足りなかったです。ただ、この軽やかさは、ウィンナー・ワルツ系で、そういうテイストの演奏がお好みなら、案外ツボにハマるかも(?)。私は、その系統は、あまり好みじゃないもので・・・。カラヤンというとなんとなく早振りのイメージだったのだけれど、この演奏のテンポは、かなりゆったり目。踊ることを想定して振っているのかな?とすら思うぐらいゆったりしていました。

この情報がお役に立ったなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif

ジゼルのCDいろいろ。どれかオススメがあれば、教えてください。

アダン:ジゼル(ビュッセル版)アダン:ジゼル(ビュッセル版)
マルティノン(ジャン) パリ音楽院管弦楽団 アダン
Adam: GiselleAdam: Giselle
Adolphe Adam Andrew Mogrelia Slovak Radio Symphony Orchestra
Adolphe Charles Adams: GiselleAdolphe Charles Adams: Giselle
Adolphe Adam Bolshoi Theater Orchestra
Adam: GiselleAdam: Giselle
Adolphe Adam Richard Bonynge Royal Opera House Orchestra Covent Garden
Adolphe Adam: GiselleAdolphe Adam: Giselle
Adolphe Adam Richard Bonynge Royal Opera House Chorus and Orchestra Covent Garden
Adam: GiselleAdam: Giselle
Adolphe Adam Michael Tilson Thomas London Symphony Orchestra

 
│posted at 00:01:27│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。