メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-映画『王は踊る』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年03月02日(Thu)

映画『王は踊る』

カテゴリー:映画(バレエ関連のみ)記事編集

映画『王は踊る』 
原題:LE ROI DANSE/THE KING IS DANCING
製作:2000年 ベルギー/フランス/ドイツ
上映時間:115 分
監督: ジェラール・コルビオ
製作: ドミニク・ジャンヌ
原作: フィリップ・ボサン
脚本: アンドレ・コルビオ、ジェラール・コルビオ、エーヴ・ド・カストロ
脚本協力: ディディエ・ドゥコワン
撮影: ジェラール・シモン
美術: ユベール・プイユ
衣装: オリヴィエ・ベリオ
音楽監修: ラインハルト・ゲーベル
指揮: ラインハルト・ゲーベル
出演: ブノワ・マジメル、ボリス・テラル、コレット・エマニュエル、 セシール・ボワ、 クレール・ケーム、ヨハン・レイセン、イドヴィグ・ステファーヌ、 エミル・タルディング、ジャック・フランソワ、 セルジュ・フイヤール
【宣伝コピー】
『わが君(ルイ14世)はベルサイユの舞台に輝く太陽、わが愛は報われぬ闇。』

王は踊る王は踊る
ブノワ・マジメル ボリス・テラル チェッキー・カリョ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



パリのオペラ座の創始者でもあるバレエをこよなく愛した“太陽王”ルイ14世と彼のために3,000曲もの音楽をつくり上げた宮廷音楽家リュリの物語。当時のバレエを再現したシーンも部分的ですが出てきます。物語の展開もテンポが良く、全く飽きさせない作り。歴史物が大好きな私としては、5歳で王位についたルイ14世と、影で実権を握っていた母親との宮廷内での勢力争いや、モリエールやリュリの宮廷内でのお抱え芸術家達の派閥争いなども、とても見ごたえがあり、大満足の作品でした。音楽レベルもダンスシーンも芸術的。踊る王様、ブノワ・マジメルもケツアゴながら素敵です。

サントラはこちら

王は踊る オリジナル・サウンドトラック王は踊る オリジナル・サウンドトラック
サントラ シェーン(セリーヌ) ハイドブッヘル(ゲデレ)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この情報がお役に立ったなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 19:50:34│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。