メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-マリ=アニエス・ジロ降板-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年04月24日(Mon)

マリ=アニエス・ジロ降板

カテゴリー:バレエ情報記事編集

パリ・オペラ座の来日公演の「白鳥の湖」の最終日の今日、なんと主役のマリ=アニエス・ジロが、プロローグの後、足を痛め降板したそうです。代役はエミリー・コゼット。舞台には魔物が潜んでいるといいますが、まさか、幕が開いてからの降板とは・・・。代役も相当のプレッシャーでたいへんだったことでしょうが、何より気の毒なのがジロの白鳥を目当てに会場へ出向いていたお客さんたち。もう、なんと言ってよいのやら、お気の毒すぎて言葉も浮かびません。ジロの白鳥&黒鳥を、たくさんの人に見てもらいたかった私としても本当に残念です。とりあえず、ジロの怪我が早く治りますように。
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 23:45:52│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。