メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-『ブラボー・マラーホフ :BRAVO,MALAKHOV』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年12月11日(Sun)

『ブラボー・マラーホフ :BRAVO,MALAKHOV』

カテゴリー:ガラ・小作品集・ダンサー特集記事編集

B000BKJIWUブラボー・マラーホフ
ウラジミール・マラーホフ

キングレコード 2005-11-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
「ブラボー・マラーホフ」 BRAVO,MALAKHOV
【出演】ウラジミール・マラーホフ
【収録】1991
【収録演目】
◆「薔薇の精」
   音楽:C.M.ウェーバー 
   振付:M.フォーキン
◆「セレナーデ/ノクターン」
   音楽W.A.モーツァルト 
   振付:N.カサトキナ、V.ワシリョーフ
◆「マズルカ」
   音楽:E.V.ラロ 
   振付:S.リファール
◆「グラン・パ・クラッシック」
   音楽:D.F.オーベル
   振付:V.グソフスキー
◆「レダと白鳥」
   音楽:G.マーラー
   振付:N.カサトキナ、V.ワシリョーフ
◆「眠れる森の美女」より青い鳥のヴァリアシオン
   音楽:P.I.チャイコフスキー
   振付:M.プティパ
◆「南京虫」
   音楽:D.ショスタコヴィッチ
   振付:S.ボロクセンスカヤ
◆「ゼンツァーノの花祭り」よりパ・ド・ドゥ
   音楽:E.ヘルステッド
   振付:A.ブルノンヴィル
◆「ナルシス」
   音楽:N.チェレブニン
   振付:K.ゴレイゾフスキー
ビデオで販売されていたものが2005/11/23にDVD化されて発売されました。私はビデオ版を鑑賞しました。演目のタイトルがロシア語表記でしたので、ロシアで製作された雰囲気のマラーホフのガラ作品集です。ビデオということもありますが、画質はあまりよろしくありません。古いロシアの映像を見ているような感じでした。このあたりは、DVDだと改善されているのかな?ひとつひとつの作品も、ビックリするぐらい短いものもあります。たとえば「眠れる森の美女」より青い鳥のヴァリアシオンなんて、それだけ???っていうぐらい短い。カメラは、わりと引きの位置でダンサー(マラーホフ)の全身をとらえているので、彼の顔はあまり見えません。それは私としては嬉しかったのですが、ファンだと物足りないかも。演目は、コンンポラリーからクラッシックまで幅広く、マラーホフの七変化を楽しめることでしょう。印象的だったのが「南京虫」。とてもコミカルな演目なのですが、マラーホフって、案外コミカルな踊りが似合うんですよね。ABTの『海賊』での奴隷商人ランケデムもハマっていたし、王子よりも三枚目な役が似合うのでは?なんて思ってしまいました。あと、この映像のマラーホフって、髪の毛が黒髪なのが多いので意外でした。てっきり金髪だとばかり思っていたので・・・。私は、基本的にガラ作品集ってあまり好きじゃないのです。その踊りの背景にある感情やストーリーを知らないと感情移入しにくいから。今回のこの映像に収録されていた作品たちも、はじめてみる演目が多く、ストーリーもよくわからなくて、目では楽しめましたが、心で楽しめたかというと微妙な状態でした。またいろいろバレエ鑑賞修行をした後に見ると、違ってくるかもしれません。

このレビューがお役に立ったなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 22:00:12│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。