メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ロイヤル・ボックス #2 ウリアーナ・ロパートキナ編-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年11月25日(Sat)

ロイヤル・ボックス #2 ウリアーナ・ロパートキナ編

カテゴリー:ドキュメンタリー映像記事編集

ロイヤル・ボックス #2 ウリアーナ・ロパートキナ編
【制作】2001年制作/ロシア語
【出演】ウリアーナ・ロパートキナ、ガリーナ・ムシャンスカヤ(インタビュアー)、ワレリー・ゲルギエフ、ニネリ・クルガプキナ、タラトールキヌ(俳優)、ワジム・ガイエフスキー(バレエ評論家)、アレクサンドル・フェクリーストフ(俳優)ほか
【収録作品】
◆「白鳥の湖」から白いアダージョ(ロパートキナ&イワンチェンコ)
◆「ジゼル」第一幕から、ジゼルのワルツ(ロパートキナ&クルコフ)
◆1991年のワガノワ・アカデミーの卒業の夕べの映像
◆「ラ・バヤデール」から(ローパートキナ&クルコフ)
◆セルゲーエフの「ハムレット」よりオフィーリア
◆「シェヘラザード」より、ロパートキナ&バターロフ
◆「ゴヤ」(グリンカ/アントニオ)から、ロパートキナ&ルジマートフ&コルネーエフ
◆「海賊」第二幕から
◆「イン・ザ・ナイト」(ショパン/ロビンス)から、ローパートキナ&クズネツォフ
◆「瀕死の白鳥」から
◆アンナ・パブロワの「瀕死の白鳥」
◆「ジゼル」第二幕からジゼルの登場
◆「水晶宮」から(ビゼー/バランシン)

2006年11月22日に新書館よりDVD化されて発売されているようです。


CS(シアター・テレビジョン)にて録画鑑賞。1996年から2000年にかけて収録された「ロイヤル・ボックス」というロシアのテレビのシリーズ番組です。番組自体は、ロシア・バレエを代表するダンサーを、毎回ひとりずつロシアが誇るマリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)の“ロイヤル・ボックス”に招き、インタビューするというもので、インタビュアーは、ロシア国立テレビの音楽番組のチーフディレクターであり、著名な音楽評論家であるガリーナ・ムシャンスカヤ女史。1回目のザハロワに続く2回目のゲストはウリアーナ・ロパートキナ。シアテレのサイト情報によると

ウリアーナ・ロパートキナの母は、ワガノワ・バレエ・アカデミーに学びマリインスキー劇場で踊っていた。彼女は、マリインスキー劇場のキーロフ・バレエを代表するバレリーナになることを宿命づけられていたのかもしれない。
この番組はそのロパートキナの絶品、『白鳥の湖』のアダージョの映像から始まる。そしてセルゲイエフが振付けた『ハムレット』のオフィーリアを踊る珍しい映像、ロビンズの『イン・ザ・ナイト』、バランシンの『水晶宮』、香しいばかりの『ジゼル』、そしてアンナ・パブロワの舞台に迫る『瀕死の白鳥』と、ロシアの制作番組だから可能な素晴らしい映像が次々と映される。また、故郷の海を語るロパートキナは、一分の隙もなく集中している舞台の彼女からはうかがい知ることのできない、温かくて親しみ易い表情を垣間見せる。

とのこと。
どうも、ロパートキナ23歳のときのインタビューのようです。ショート・ボブのヘアースタイルで、白いインナーに黒いジャケット姿でキリリとした落ち着いた女性という印象。クール・ビューティーという言葉が似合いそうな雰囲気で、本当にとても落ち着いた感じでした。
紹介されていた舞台映像で印象的だったのは、やはり「白鳥の湖」。ひじょうに柔らかな腕の動きで、素晴らしい白鳥ぶりでした。わりと燐とした雰囲気の白鳥で、ちょっとパリ・オペのアニエス・ルテステュの白鳥を思い出してしまいました。ロパートキナは、舞台でも笑顔が少ないらしく、「非社交的」だとか「冷たい」という印象をもたれやすいそうで、「そういうつもりではないけれど、バレエが精神的にも肉体的にもたくさんの力を奪うので・・・」と言い訳しておられました。10歳からバレエ学校の寄宿舎生活、お母様もワガノワ出身で、母の希望でバレエを始めたそうです。
舞台映像では、「ハムレット」のオフィーリアが、もう本当にコワイぐらいに狂気がかっていて凄かったです。あと、「ジゼル」の登場場面の軽やかさにも目をみはりました。ただ歩いてるだけなのに、まったく重力を感じさせないのはスゴイ! 「バフチサライの泉」では、ザレーマ役を踊りたかったのにマリヤ役を与えられたり、 「ドン・キホーテ」では、情熱的なスペイン娘である街の踊り子役を踊りたいと頼んだら「森の女王が似合う」という答えがかえってきたりして、なかなか踊りたい役と、周囲が持つイメージとのギャップがあって苦労しておられたようですが、「シェヘラザード」以後、徐々にロマンティックバレエとは違う役柄ももらえるようになったそうです。楽屋では、着物(?)をガウンのようにきておられました。最後にプレゼントとして、ずっと欲しかったというティーセットをプレゼントしてもらって、感激していた様子がとても可愛らしかったです。

この情報がお役に立ったなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif

スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 12:52:49│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。