メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ドキュメンタリー映画「ベルリン・フィルと子どもたち」-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年06月06日(Tue)

ドキュメンタリー映画「ベルリン・フィルと子どもたち」

カテゴリー:映画(バレエ関連のみ)記事編集

ドキュメンタリー映画「ベルリン・フィルと子どもたち」
原題:RHYTHM IS IT!
上映時間:105 分
製作国:ドイツ 2004年
【公開時コピー】『ぼくたちは、リズムになる。』
監督:トマス・グルベ、エンリケ・サンチェス・ランチ
撮影:レネ・ダメ、マルクス・ウィンターバウアー
音楽:イゴール・ストラヴィンスキー『春の祭典』
出演:サイモン・ラトル(指揮)、ロイストン・マルドゥーム(ダンス・ユナイテッド振付師)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

コレクターズ・エディションには、子どもたちの本番の映像が特典で収録されているそうです。

ベルリン・フィルと子どもたち コレクターズ・エディションベルリン・フィルと子どもたち コレクターズ・エディション
ドキュメンタリー映画 トマス・グルベ エンリケ・サンチェス・ランチ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらはスタンダード版。

ベルリン・フィルと子どもたち スタンダード・エディションベルリン・フィルと子どもたち スタンダード・エディション
ドキュメンタリー映画 トマス・グルベ エンリケ・サンチェス・ランチ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



バレエというジャンルに入るかどうか微妙ですが、一応ダンスドキュメンタリーということで、ご紹介。世界最高のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と250名の子どもたちのダンスによるベルリン・アリーナでの「春の祭典」の上演という壮大な共演プロジェクトを記録したドキュメンタリー映画です。この斬新な企画立案は、ベルリン・フィル芸術監督で首席指揮者のサー・サイモン・ラトルによるものだそうで、その企画段階から、本番までの稽古の様子や、楽団のリハーサル風景に密着しながら、子供たちの微妙な気持ちの変化などが描かれていました。ちなみに、この企画、現在は、第6回を迎えているとか。
子供たちの年齢は、小学生ぐらいから高校生ぐらいまでと幅広く、出身国や生活背景、経済背景なども全く違う寄せ集め集団ともいえるごく普通のベルリンの地元の子供たち。ダンスの下地のある子もいれば、全くの初心者もいるという状態。しかもクラッシックに無縁で、練習にも無気力、集中力も足りないといった状態の若者集団を相手に振付師ロイストン・マルドゥーム氏による熱心な指導が始まります。ダンスの部分では、小さい子供たちの部分は割愛されていて、焦点は、高校生ぐらいの思春期の悩み多き世代に絞られています。ただ振付るだけではなく、子供たちの教育にも興味があるという振付家のロイストン・マルドゥーム氏。それに反発を覚えながらも、次第に踊りに真剣に取り組む子供たち。素人相手とはいえ、舞台の様子を見ると、結構本格的。男子が、男子をリフトするという振りもあったりなんかして、けっこう大変そうでした。6週間に及ぶ猛練の果ての本番は、じわじわっと感動的。ドキュメンタリーを見ていると、踊りよりも音楽のほうが、やはり、子供たちの心の壁を打ち破るのは、早かったように感じました。サイモン・ラトル氏の“子どもたちに、もっとクラシックの楽しさを感じてもらいたい”という熱意が伝わって、普段、クラッシックを聞いたことのない子供たちが、ベルリン・フィルの本拠地であるホールに招かれ、リハーサルを鑑賞しているときの表情がとても印象的でした。ワクワクしている感じが目の輝きにあふれていましたから。あんなステキなホールとオケと指揮者が、常に自分の町にいるなんて、ベルリンの子供たちって羨ましすぎる。ラトル氏のリハーサルやインタビュー映像もけっこうあります。ラトル氏は、若干20代から天才指揮者として注目されていたイギリス人。引く手あまたな誘いを断って、当時は、それほど有名ではなかったバーミンガム市交響楽団の首席指揮者に就任し世界的なオーケストラに育て上げた方。2002年から、アバドさんの後任としてベルリン・フィルの芸術監督に就任なさっておられます。今回の「春の祭典」は、「いわゆる超一流のバレエダンサーが踊るための演奏ではなく、もっと子供たちが踊ることを想定して演奏するように」と指示を出されておりました。私の記憶が正しければ、ラトルさんは、打楽器出身の指揮者。このドキュメンタリー映画でも、はじめての音楽との出会いは、父が買ってくれたドラムセットで、リズムの虜になったとおっしゃっておられましたが、そんなラトルさんだと、きっと「春の祭典」でも、リズム感満点の演奏で、ティンパニとか、めちゃくちゃ迫力満点に響かせてくれるんでしょうね。映画の中では、演奏も断片的にしか聞けませんが、かなりエグ味もある野性的な「春の祭典」だったような気がします。まあ、私の基準は、耽美でエレガントなデュトワさんの「ハルサイ」なので、他の演奏は、すべて野性的&エグ味を感じるんですけどね。(苦笑)

この情報がお役に立ったなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif

ラトルさんの「春の祭典」のCDは、バーミンガム時代の録音。
ストラヴィンスキー:「春の祭典」&「ペトルーシュカ」ストラヴィンスキー:「春の祭典」&「ペトルーシュカ」
ラトル(サイモン) ドノホー(ピーター) バーミンガム市交響楽団

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スレッドテーマ:ダンス ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 00:52:02│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。