メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ドラマ「プリマダム」全11話-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年09月25日(Mon)

ドラマ「プリマダム」全11話

カテゴリー:テレビ番組(インタビュー、バラエティー系)記事編集

※2006/09/27にDVDが発売されるようなので一応UPしときます。

水曜ドラマ「プリマダム」全11話
【キャスト】
    万田 佳奈 (44):黒木 瞳
    万田 高太郎 (44):古田 新太
    吉村 夏芽 (35):高岡 早紀
    青葉 笑子 (30):神田 うの
    倉橋 遥生 (12):中島 裕翔 (ジャニーズJr.)
    土井 匠 (36) :小林 十市
    高杉 民江 (62):松島 トモ子
    三崎 レイ (26):映美 くらら
    岩井 千里 (28):黒瀬 友美
    万田 舞 (14) :夏帆
    万田 結 (12) :志保
    吉村 冬美 (15):亜希子
    山本 潔 (42) :加藤 雅也
    畠山 秀介 (47):内藤 剛志
    倉橋 嵐子 (40):中森 明菜
【脚本】中園 ミホ
【音楽】丸山 和範
【演出】吉野 洋、猪股 隆一
【プロデューサー】西 憲彦、志村 彰、森 雅弘
【制作協力】 The icon
【製作著作】 日本テレビ

番組公式サイト:http://www.ntv.co.jp/prima/

※2006/09/27にDVDが発売されるそうです。特典映像だけが妙に気になります。

プリマダム (出演 黒木瞳)プリマダム (出演 黒木瞳)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一応、OTSも発売されているようです。

プリマダム オリジナル・サウンドトラックプリマダム オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ ランド・バルトリーニ プッチーニ


曲名リスト
1. 歌劇「トゥーランドット」第二幕より”誰も寝てはならぬ”
2. さあ、ステージへ!!
3. 4羽のガチョウ(鵞鳥)
4. ユニークなワルツ
5. プリマダム
6. 困惑と誘惑
7. 御気取りガヴォット
8. 夕暮れプリマダム
9. 窓辺に座って
10. 我が心のトゥーランドット・鳴り止まぬ
11. あの頃の夢は…
12. 風に乗って
13. キッチン会議
14. ハンバーガー・プリマダム
15. 商店街サンバ
16. お隣のことは…
17. 脂肪のステップ
18. 帰り道
19. 舞台の裏で
20. 舞台が終わって

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨夜、ついに最終回を迎えましたね。第1話のレビューだけ書いた(過去記事参照のこと)まま、この話題には触れずにいたのですが、一応、全話チェックしておりました。というわけで、まとめて感想を。
えーっと、ビックリするほどツマラナイドラマでした。(苦笑)いやはや、もう、あまりのツマラナサで卓袱台をひっくり返したくなりました。とはいえ、十市さんは、チラチラと毎回登場してくれるので、そのチラリズム効果に負けて、しっかりと毎週録画し、もう一度見るつもりなのか?と自問自答しつつもディスク保存までしておりました。十市さんの出てるところだけ編集しなおそうかと思いつつも、めんどくさくて、結局全編保存。いやー、それにしても、何度も言いたくなるぐらいになんともクダラナイ内容でしたねぇ・・・。8時台に放映するならわかるんだけれど、10時台のオトナの時間帯にあれを放映するとは、日本テレビも勇気があるというか、無謀というか・・・。とはいえ、バカバカしくて逆に面白かった部分もなきにしもあらず。とくに私と友人の間では、“プリマダム中森明菜ごっこ”が水面下で流行りました。大げさな芝居を真似しつつ声を押し殺して会話する。「(体を前方に傾けながら)やめなさぃ!はるぅお!」「(目を見開いて)どぉ~して?」「はたけやまっ!それ、持ってきてちょうだぃ!」とか、頷きながら「ありがとっ!(ニコッ)」みたいな。(笑)
ま、ドラマはつまんなさ全開でしたが、このドラマのおかげで世間の「小林十市認知度」がアップしたことは間違いないわけで、テレビでの露出も増えたし、十市ファンとしては、結果オーライ的な気分ではあります。というか、来週以降、またしばらく十市さんをお目にかかれないのねという一抹の寂しさも・・・。このあたりの寂しい気持ちは、十市さんの日記で満たしてもらおうと思います。
ちなみに最終回の発表会ですが、さすが皆さんバレエ経験者ですね。みんな様になっていたように思います。十市さんの振付も、出演者たちのレベルに見合った範囲内で最大限に踊りを上手に見せる効果があったんじゃないでしょうか。みんなスタイルもいいし、ビジュアルも綺麗だしね。欲をいうなら、発表会で匠先生にも踊って欲しかったよー。「加奈さんが来るまで、僕が踊って時間を稼ぎます!」とか言ってくれることを期待したのになー。カーテンコールでの十市さんの照れ笑いは、すっかり匠先生から小林十市の素の状態に戻っていたので妙にチャーミングでした。ちなみに、十市さんのこの日の日記には、共演者の方々と写した写真&コメントがたくさんアップされています。やっぱり興奮していたのかしら、1日に何件も書き込んでてカワイイですね。(笑)黒木さんと2ショットうのちゃんとの2ショット早紀ちゃんとの2ショットは、どれも絵になっているけれど、3人の女性との写真は、明らかに舞い上がってる陽気なお兄さん状態ですね。(笑)こういうのが見れるようになったのも「プリマダム」効果ですよね。日テレさん、ありがとう、十市さんをキャスティングしてくれて。

楽しんでいただけたなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 13:27:27│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。