メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-パリ・オペラ座のフランス地方公演-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年06月19日(Mon)

パリ・オペラ座のフランス地方公演

カテゴリー:バレエ情報記事編集

当ブログに来てくださる方は、パリオペファンが多いようなので、ちょっと、パリ・オペラ座(POB)のネタを。パリでは今日からベジャール・プロが始まりますね。初日の「ボレロ」のメロディはニコラ・ル・リッシュだそうで、ネット上でもゲネプロの写真がいろいろ公開されはじめて(こちらこちら)、見に行けない私をワクワクさせてくれますが、秋にもPOBによるベジャール版「ボレロ」が見れるようです。というのは、11/24(金)~26日(日)まで、パリ・オペラ座がフランスで地方公演をするそうで、その演目が、セルジュ・リファールの「白の組曲」、ローラン・プティの「アルルの女」、モーリス・ベジャールの「ボレロ」だそうです。(詳細はこちら(※ただしフランス語))上演場所は、フランス南西部トゥールーズ(Toulouse)のすぐ近くのブラニャック(Blagnac)にあるODYSSUD。

ODYSSUD   (地図は、こちら
4 avenue du Parc
31706 Blagnac cedex
Standard : +33 (0)5 61 71 75 15
Télécopie: +33 (0)5 61 71 75 45
http://www.odyssud.com/

トゥールーズの空港は、トゥールーズ・ブラニャック空港と呼ばれているぐらいで、まさしくブラニャックにあります。ブラニャック空港とトゥールーズの間は、車で20分程度の距離。きっとバレエの会場も、空港やトゥールーズの町からも近いんでしょうね。トゥールーズの町は、以前1度訪れたことがあるのですが、「薔薇色の街」と呼ばれるだけのことはあって、とても美しい街で、郷土料理も美味しいし(名物は鴨とフォアグラ)、観光するにも個人的にとってもオススメ。夏の「ボレロ」を見逃した方、秋にトゥールーズで「ボレロ」なんていかがです?(っていうか、自分が行きたい・・・。)トゥールーズからだと、カルカッソンヌも日帰り可能ですよ。ちなみにトゥールーズ及び、トゥールーズ近郊のオススメなどは、メインサイトの旅行のページの中でご紹介しているので、興味があれば、あわせて御覧ください。
私も行きたい!という方、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 18:56:03│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。