メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ベジャール・バレエ・ローザンヌ『バレエ・フォー・ライフ』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年07月01日(Sat)

ベジャール・バレエ・ローザンヌ『バレエ・フォー・ライフ』

カテゴリー:ベジャール・バレエ記事編集

ベジャール・バレエ・ローザンヌ『バレエ・フォー・ライフ』
Le Presbytère/BALLET FOR LIFE
【鑑賞日時】2006年7月1日 大阪フェスティバルホール
【振付】モーリス・ベジャール
【衣装】ジャンニ・ヴェルサーチ
【上演時間】約1時間40分
【出演】
「イッツ・ア・ビューティフル・デイ」:カンパニー
フレディ:ジュリアン・ファブロー
「タイム」、「レット・ミー・リヴ」:カンパニー
「ブライトン・ロック」:カルリーヌ・マリオン
「ヘヴン・フォー・エヴリワン」:ステファン・ブリ
天使:ヴィクトル・ヒメネス
「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」:エリザベット・ロス
モーツァルト「ピアノ協奏曲第21番」ティエリー・デバル、カルリーヌ・マリオン
「シーサイド・ランデヴー」:カトリーヌ・ズアナバール
「テイク・マイ・プレイス・アウェイ」:ルース・ミロ
モーツァルト「フリーメーソンのための葬送音楽K.477」:ジル・ロマン
「RADIO GA GA」:ドメニコ・ルヴレ
「ウィンターズ・テイル」:オクタヴィオ・スタンリー
「ミリオネア・ワルツ」:那須野圭右
「ボヘミアン・ラブソティ」:ジュリアン・ファブロー、カンパニー
「ブレイク・ブリー」(フィルム):ジョルジュ・ドン
「ショウ・マスト・ゴー・オン」:カンパニー
【使用曲】
クイーン:
「イッツ・ア・ビューティフル・デイ」、「タイム」、「レット・ミー・リヴ」、「ブライトン・ロック」、「ヘヴン・フォー・エヴリワン」、「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」、「カインド・オブ・マジック」、「ゲット・ダウン・メイク・ラヴ」、「シーサイド・ランデヴー」、「テイク・マイ・プレイス・アウェイ」、「RADIO GA GA」、「ウィンターズ・テイル」、「ミリオネア・ワルツ」、「ラヴ・オブ・マイ・ライフ~ブライトン・ロック」、「ボヘミアン・ラブソティ」、「ブレイク・ブリー」「ショウ・マスト・ゴー・オン」
モーツァルト:
「エジプト王タモス」、「コシ・ファン・トゥッテ」、「ピアノ協奏曲第21番」、「フリーメーソンのための葬送音楽K.477」

大阪フェスティバルホールにて鑑賞。この作品は、以前ビデオ映像で見たことがありますが、生で見るのは初めて。今日は、キャスト表にしっかりとジル・ロマンの名前を確認したので、始まる前からワクワクでした。とはいえ、私、この作品自体は、いつもノリで楽しんでいるだけで、いまいち内容を把握できておりません。というのもクイーンについてもフレディ・マーキュリーについても知識が乏しい上に、これといった思い入れもないので、どう反応していいのか悩む部分もあるのです。ブライアンとフレディの関係も、うっすらとしか知らないので、こんなバレエファンよりも、クイーンファンのほうが、この作品を心底理解できるのかも?なんて思いながらみておりました。ジョルジュ・ドンに思い入れがあれば、さらに涙なしでは見れない作品なのでしょうが、私自身は、出遅れバレエファンなので生前のドンを知らないこともあって、涙が出るほどの思い入れもないのですが、それでもノリで楽しんできちゃいました。
期待のジル・ロマンは、やはりカリスマオーラ満点。おかげで、舞台上のジルを目で追いかけてしまうことに熱中しすぎて、他に目が回らないぐらいでした。小林十市さんの6月24日の日記の中で、十市さんがジル・ロマンの踊りについて「舞台という空間の中での自己追求であり儀式的っていうか祈りっていうか内面への旅みたいな」と表現しておられるんですが、本当に、そんな感じでした。そんなジル・ロマンが踊る姿を生で見れて、本当に幸せです。
その他だと、やはり「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」のエリザベット・ロスは、やっぱりとてもカッコよかったです。あのパワフルな歌に負けない迫力の踊りで、やはり圧巻でした。「ボヘミアン・ラブソティ」のときには、いつもあの厚底靴で、転ばないかとヒヤヒヤします。今回もジュリアン・ファブローは、器用に厚底靴で飛び跳ねておりました。さすが。
あと「ミリオネア・ワルツ」というと、私にとってはどうしても小林十市さんを思い出しちゃうのですが、那須野さんの踊りも、元気があって、ピンピンとした粋の良さが、かなり十市さん系でした。でも那須野さんって、髪型も十市さんに似ていたから、ますます十市さんを思い出しちゃいました。

こちらは、クイーンと、エルトン・ジョンとベジャールバレエが共演した「The Show Must Go on」の舞台映像の動画です。バレエは、あくまで添え物扱いでエルトン・ジョンとクイーンのメンバーのアップばかりで、バレエをもっと写して!といいたくなる映像ですが、ベジャールさんのお姿も垣間見れるので、よろしければ、どうぞ。


こちらは、クイーンのCD

グレイテスト・ヒッツ(期間限定)グレイテスト・ヒッツ(期間限定)
クイーン

グレイテスト・ヒッツII(期間限定) グレイテスト・ヒッツIII(期間限定) 「オペラ座の夜」<最新リマスター・エディション> オペラ座の夜(紙ジャケット仕様) パーフェクト・ヒッツ1971~2001

by G-Tools



この情報がお役に立ったなら、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 23:08:56│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。