メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ドキュメンタリー『パリ・オペラ座バレエ学校のすべて エトワールへのみち』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年11月09日(Wed)

ドキュメンタリー『パリ・オペラ座バレエ学校のすべて エトワールへのみち』

カテゴリー:パリ・オペラ座バレエ記事編集

ドキュメンタリー『パリ・オペラ座バレエ学校のすべて エトワールへのみち』[新版]
【出演】クロード・ベッシー、ノエラ・ポントワ、モニク・ルディエール、エリザベット・プラテル、パトリック・デュポン、マニュエル・ルグリ、エリック・ヴ・アン
【生徒たち】オーレリー・デュポン、ニコラ・ル・リッシュ、バンジャマン・ペッシュ、ジョゼ・マルティネズ他
オペラ座バレエ学校のレッスンに密着したドキュメンタリー。私が見たのは、上下巻に分かれている完全版ではなくて、1本にまとまっているビデオ版のほう。生徒たちの中に、オーレリー・デュポン、ニコラ・ル・リッシュ、ジョゼ・マルティネズ、クレール・マリ・オスタ、バンジャマン・ペッシュなど、今のパリオペラ座のエトワールたちが結構たくさんいるので、見ていてとっても面白かったです。ニコラは、あの特徴のある肩で、ジョゼは、あの頭ですぐにみつけられる。ペッシュは、まだまだとっても幼い雰囲気の少年ですが、目が同じなので、すぐわかる。男の子の体型の説明のモデルになってる少年がペッシュですよね?ピンクのレッスン着の女の子の片割れがクレール・マリ・オスタ?オーレリーは、名指しでダメ出しされてるから、すぐわかります。それにしても、ルグリのお話を、憧れの眼差しで見つめながら目をキラキラさせて聞いている少年ニコラや少年ペッシュが、その数年後には、ルグリと一緒に舞台に立って、いつのまにか同じエトワールとして肩を並べて主役を張るようにになることを、この頃はまだ誰も知らないなんて、なんだかヘンな感じ。そんな少年たちの憧れのお兄さん的なルグリもエトワールになったばかりの頃だそうですが、めちゃくちゃ若い。肌のツヤがピチピチしてます。やっぱり、年齢とともに顔も変るもんだねぇ・・・。しみじみ。
エトワールたちの見本演技は、どれもこれも凄い。ルディエールの足技とか、プラテルのジャンプのとき、スローモーション映像で、どのパでも、きちんと180度に足が綺麗に開いているのとか、ルグリのアントルシャの絶妙技とか、パトリック・デュポンのピルエットとか、エリック・ヴ・アンのジャンプとか、どれもこれもさすが選ばれしエトワール。まさしくお手本。それにしても、パトリック・デュポンは、こんな普段でもメイクしてるんですか?化粧、濃いですな。(笑)

エトワールへのみち 1
B00005FBK5
エトワールへのみち 2
B00005FBK6
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:14:47│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。