メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-プロコフィエフ『ロメオとジュリエット(全曲)』(マゼール&クリーヴランド管弦楽団)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年11月05日(Sat)

プロコフィエフ『ロメオとジュリエット(全曲)』(マゼール&クリーヴランド管弦楽団)

カテゴリー:バレエ音楽のCD記事編集

mazeel.jpgプロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」
B0002J53C4マゼール(ロリン) クリーヴランド管弦楽団 マジェスケ(ダニエル)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プロコフィエフ『ロメオとジュリエット(全曲)』作品64
指揮: ロリン・マゼール
演奏: クリーヴランド管弦楽団, ダニエル・マジェスケ、その他
録音:1973年6月4‐6日 クリーヴランド
ユニバーサルクラシック
CD ディスク枚数: 2
プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」のCDはいろんな指揮者やオーケストラでたくさん出ていますが、ほとんどが組曲版や抜粋版なので、全曲収録されているCDは結構少ないのよね。デュトワさんの抜粋組曲版がお気に入りでも、やっぱり全曲入りのCDも欲しいなーとCDショップをフラフラしていたら、素敵なマゼールさんのお顔の写真と目と目が合ってしまい、思わずジャケ買い。マゼールさんにルックス惚れしてる私としては、そんな目で見つめられたら、買っちゃうわ。(笑)演奏は1973年の収録とのことですが、とても音はクリアです。超お気に入りのデュトワさんのCDに比べると、マゼールさんの演奏は、やや淡白な気もしなくはないのだけれど、この1枚だけをじっくり聞く分には、これといった不満はありません。寝室のパ・ド・ドゥのあたりや、バルコニーのパ・ド・ドゥのあたりでは、ウットリさせてもらえる演奏です。マゼールさんはクリーヴランド時代に何度かプロコフィエフィの「ロミオとジュリエット」の全曲版を録音しているようなので、けっこうお得意な演目なのかもしれません。そのへんの詳しいことや音楽的な詳細についてはド素人なのでわからないけれど、この若き日のマゼールさんのお写真のジャケットというだけで、私には宝物。(笑)

ジャケットは違うけれど、おそらく中身は同じ。
プロコフィエフ:ロメオとジュリエット
B0000CD7W2マゼール(ロリン) マジェスケ(ダニエル) ザウダー(デイヴィッド)
ユニバーサルクラシック 2003-10-22
売り上げランキング : 60,208
おすすめ平均star
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スレッドテーマ:クラシック ジャンル:音楽
 
│posted at 21:03:30│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。