メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-『フロム・ア・クラシカル・ポジション』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年11月01日(Tue)

『フロム・ア・クラシカル・ポジション』

カテゴリー:コンテンポラリー・ダンス記事編集

フォーサイス振付・出演『フロム・ア・クラシカル・ポジション』
【監督・振付・出演】ウィリアム・フォーサイス、ダナ・カスパーセン
【音楽】トム・ウィレムス、J.S.バッハピアノ:ヘラルド・バウハウス
【収録】1997年  25分
CS(シアターテレビジョン)で放映されていたものを録画鑑賞。ウィリアム・フォーサイスって名前はよく聞くけれど、実際に作品を見たことがなかったので、一応チェックしてみたんですが、やはり、想像どおり、とても苦手なジャンル・・・。いわゆるコンテンポラリーダンスでした。お手上げ。人間の体が思いもかけない動きをするという新鮮さは感じましたが、ものの5分ぐらいで飽きちゃいました。私って、コンテを理解するセンスが皆無みたい・・・・。

4560035946ウィリアム・フォーサイス、武道家・日野晃に出会う
日野 晃 押切 伸一

by G-Tools

スレッドテーマ:ダンス ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 22:28:33│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。