メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-NHK教育「芸術劇場」の情報コーナーにてダンスオペラ「UZUME(ウズメ)」紹介-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年10月10日(Mon)

NHK教育「芸術劇場」の情報コーナーにてダンスオペラ「UZUME(ウズメ)」紹介

カテゴリー:テレビ番組(インタビュー、バラエティー系)記事編集

2005年10月 9日(放送時間 22:00~24:15)
NHK教育「芸術劇場」の情報コーナー
ダンスオペラ「UZUME(ウズメ)」紹介、リハーサル風景、ファルフ・ルジマトフのインタビュー等

サイト情報(http://www.nhk.or.jp/art/)によると、“ダンスオペラ「UZUME(ウズメ)」 日本神話「あめのうずめのみこと」を題材に、各ジャンルの一流アーティストたちがコラボレーションを繰り広げる。ウズベキスタンの世界的ダンサー、ルジマトフに日本からコンテンポラリーダンスの白河直子と女優の麻実れい。振付 笠井叡、演出 手塚眞というジャンルを越えた顔ぶれによるダンス、音楽、映像の融合。古事記の群読を背景に、研ぎ澄まされた身体が描きだす新しい舞台芸術を紹介する。”とのことでした。この紹介映像を見る限りでは、そこそこ面白そうな感じだったのだけれど、鑑賞なさった方から聞いた感想や評判はあまりよくなくて、「ルジマトフが掃き溜めに鶴状態で気の毒だった」とか・・・・。リハーサルや舞台でのルジマトフさんは、相変わらず体がとても柔らかくて、ストイックな雰囲気。舞台では、やはり、上半身裸で踊っておられました。今回、短いながらもルジマトフさんのインタビュー映像があって、はじめて彼の声を聞きました。あまり違和感のない声だった・・・。ロシア訛りの英語でしたが、あまり作品についての具体的なことは語っていなかったです。というより、返答に困っている風にもお見受けしたのだけれど・・・。麻美れいさんの歌声は、まさしくタカラジェンヌ風でした。迫力満点。去年見たお芝居「エリザベス・レックス」を思い出してしまいました。
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 09:57:00│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。