メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-パリ・オペラ座バレエ「ル・パルク」(全3幕)ニコラ・ル・リッシュ&エミリー・コゼット-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2008年05月26日(Mon)

パリ・オペラ座バレエ「ル・パルク」(全3幕)ニコラ・ル・リッシュ&エミリー・コゼット

カテゴリー:パリ・オペラ座バレエ記事編集

パリ・オペラ座バレエ「ル・パルク」(全3幕)

上演日時:2008年5月24日 14:00~
上演場所:Bunkamuraオーチャードホール

出演:
ニコラ・ル・リッシュ、エミリー・コゼット、マロリー・ゴティオン、シモン・ヴァラストロ、アドリアン・ボテ、エルワン・ルー・ルー、カロリン・バンス、オーレリア・ベレ、クリステル・グラニエ、ベアトリス・マルテル、アリス・ルナヴァン、ジェラルディーヌ・ウィアール、アメリー・ラムルー、セヴリーヌ・ウェスティルマン、オドリック・ベザール、ヴァンサン・シャイエ、ジャンクリストフ・ゲリ、ジョシュア・オファルト、オレリアン・ウェット、ニコラ・ポール、アレクシス・ルノー

音楽:W.A.モーツァルト、サウンド・コンポジション、ゴラン・ヴォイヴォダ
振付・演出:アンジュラン・プレルジョカージュ
舞台装置:ティエリ・レプルスト
衣装:エルヴェ・ピエール
照明:ジャック・シャトレ
振付助手:ノエミ・ペルロフ
初演:1994年 パリ・オペラ座
指揮:コーエン・ケッセル
ピアノ:エレーナ・ボナイ
演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団

【第一幕】
序曲/交響曲第36番ハ長調「リンツ」K.425 アダージョ
庭師 (サウンドトラック)
1.異性間の視察/アダージョとフーガ ハ短調K.546
2.アプローチ・ゲーム/6つのドイツ舞曲K.571から
3.出会い/ピアノ協奏曲変ホ長調K.449 アンダンティーノ

【第二幕】
庭師 (サウンドトラック)
4.柔らかな魅力/セレナードK.525 ロンド
5.欲望/ディヴェルティメント 第11番ニ長調K.251 アンダンティーノ
6.征服/音楽のたわむれ「村の音楽家の六重奏」K.522 ブレスト
7.抵抗/ピアノ協奏曲第15番 変ロ長調K.450 アンダンテ

間奏曲 交響曲第36番ハ長調「リンツ」K.425 アダージョ

【第三幕】
8.夢 / 庭師 (サウンドトラック)
9.嘆き/バッハの作品による6つのプレリュードとフーガ K.404aからアダージョ
10.熱情/ディヴェルティメント 変ロ長調K.137 アレグロ
11.失神/セレナード ニ長調「ハフナー」K.250 アダージョ
14.解放/ピアノ協奏曲第23番 イ長調K.488 アダージョ

エピローグ / 庭師 (サウンドトラック)


上京して鑑賞。「ル・パルク」という作品は、映像でしかみたことがなかったので、生で鑑賞するのをとても楽しみにしておりました。初演のキャストのイレールとゲランがあまりにも素晴しすぎたのでガッカリしないことを祈りつつ、実際鑑賞したところ、ル・リッシュもルグリもイレールとは違う魅力に溢れていて、三者三様の「ル・パルク」を味わうことができて、本当に幸せでした。ただ、今回、どう贔屓目に見ても女性が役不足でしたので、初演の二人のコンビネーションには敵わないのが残念ではありましたが、男性それぞれは、それぞれの魅力を十分に発揮していたので、男性ダンサーありきの目線で鑑賞する私には十分満足、っていうか大感動でした。生で見ると「庭師」の踊りが、こんなにも面白く楽しいということにはじめて気づきました。映像では、いつも早送りしてたので。(苦笑)

先に見たのはニコラ・ル・リッシュの方。ル・リッシュとコゼットの「ル・パルク」は、イレール&ゲランの「ル・パルク」とは全く別もの。イレールのような、見つめられただけで妊娠してしまいそうなエロさはル・リッシュには皆無。(笑) そのかわり、真っ直ぐで一途で、素直。恋愛の駆引きの部分も、相手を翻弄するための駆引きというよりも、自分が楽しんじゃってる感じのゲーム。そのゲームを楽しんで、無邪気に真っ直ぐに力強く愛情を表現しながら、どんどん相手に近づいて親密になっていく。それを受けるコゼットも、これまた素直な女性といった印象。プライド云々じゃなくて、真っ直ぐな愛の強さに素直に戸惑っている女性に見えました。そんな二人のパ・ド・ドゥは、本当に、素直な愛と愛で一途でいじらしいというか、可愛らしいというか、微笑ましい雰囲気。同じ振り付けでも、こうも雰囲気が変わるのねーと非常に新鮮でした。私の場合は、「誰もイレールにはなれない。誰もゲランにはなれない。」と最初から割り切って鑑賞しており、「これはニコラの「ル・パルク」なんだ」という割り切りができていたので、この二人のイジラシサや真っ直ぐな愛情が、可愛らしくて、愛おしくてたまらず、そんな洗練されていない人間臭みの残る愛に感動しておりましたが、本来、私が「ル・パルク」に求めているのは、やはりイレールとゲラン的なプライド高き男と女の駆引きの末にある洗練された愛。プライドとプライドのぶつかり合いの中から、それを乗り越えて育まれる洗練された愛。そういうものを最初から求めるとこの二人の「ル・パルク」は受け入れがたいものになるかもしれません。

ル・リッシュの相手はコゼットだったのですが、1幕は、女性軍団の中から、コゼットを見つけられないぐらいにオーラがなくて、踊りもなんだかなぁ・・・という状態だったので、コゼットはこの作品を踊るには役不足すぎる!とちょっとイラっとさせられた部分もありましたが、2幕以後は、頑張っていたように思います。ただ、やはりニコラの相手には、やっぱり役不足感は否めない。二人で踊ると、ひとつひとつに見劣りが歴然。パ・ド・ドゥもところどころバタバタした感じもあったし、個人的好みの問題もあるとは思いますが、私のコゼットに対する満足度は最後まで満たされることのないままでした。

ニコラの踊りは、力強く、ジャンプは圧巻で無音の着地も相変わらず。ただ、パ・ド・ドゥは、やはり流れるようにはいかなかった感じ。リフト等、重たくて苦労している感じが伝わってきちゃった。(苦笑) 最後のキスしたままクルクル回る場所は、勢い満点で、すさまじい愛の迫力でしたが(笑)、それと同時に腰を痛めそうで心配にもなってしまいました。でも、ニコラには抗えない魅力があるんだよね。あの真っ直ぐさ、一途さ、力強さ、危なっかしさも含めて、人間味溢れる踊りというのかな。とにかく総合的にに抗えない魅力があって、私はこの先もずっとニコラの踊りを見続けたいと思った次第。コール・ドは若い子たちが中心で、やはりエトワールとのキャリアの違いが歴然でした。ニコラ・ル・リッシュの一人勝ち的な空気がありました。仕方がないといえば仕方がないけれど、エトワールここにあり!といった感じのニコラの存在感に、うっとりさせていただきましたが、作品全体の出来、バレエ団としての出来としては、それでいいのか?とも思ったり・・・。(苦笑) それにしても「ル・パルク」という作品を見ると、猛烈に恋愛がしたくなりますね。(笑)


イレールとゲランの映像はこちら。

20060215144709.jpg
現在は、欧州版DVD(リージョン2、PAL方式)のみ発売。

英国ロイヤル・オペラハウスの通販ページ(価格は24.99ポンド※送料別)や、フランスのalapage(価格は25.49ユーロ※送料別)などの欧州のネットショップにて購入可能。


スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 19:32:21│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。