メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-牧阿佐美バレエ団『ピンク・フロイド・バレエ』-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年10月06日(Thu)

牧阿佐美バレエ団『ピンク・フロイド・バレエ』

カテゴリー:牧阿佐美バレヱ団記事編集

牧阿佐美バレエ団 「ピンク・フロイド・バレエ」
【音楽】 ピンク・フロイド
【演出・振付】 ローラン・プティ
【演目】
1. ラン・ライク・ヘル
2. マネー
3. イズ・ゼア・エニボディ・アウト・ゼア
   ~ノウバディ・ホーム
   ~ヘイ・ユー
4. 吹けよ風、呼べよ嵐
5. ユージン、斧に気をつけろ
6. ホエン・ユー・アー・イン
7. 雲の影
8. 虚空のスキャット
9. エコーズ
10. ラン・ライク・ヘル
11. エコーズ
[アンコール]
12. 吹けよ風、呼べよ嵐

【出演】
菊地 研 (1,5 曲目)
リエンツ・チャン (3, 8 曲目)
アルタンフヤグ・ドゥガラー (3, 5 曲目)
シャーロット・タルボット (3, 4 曲目)
逸見 智彦 (5 曲目)
草刈 民代 (5, 8 曲目)
上野 水香 (5 曲目)
辻本 智彦 (6, 10 曲目)
佐藤 洋介 (6, 10 曲目)
マリ・アニエス・ジロ (10 曲目)
森川 次朗 (10 曲目)
柴 一平 (10 曲目)
牧 阿佐美 バレエ団
【収録】 2004年2月8日, NHKホール

2005年 10月1日(土) 23:00 ~ 翌 02:58 NHKハイビジョン放送で放映されていたものを録画鑑賞。ピンクフロイド・バレエは、以前、ガラ公演で抜粋版を生で見たことがあります。ピンク・フロイドの曲に合わせた振付は、プティらしい、遊び心満点のコケティッシュ。ただ、同じ曲が2度出てきたり、ちょっと単調なこともあって、途中でちょっと飽きました。抜粋版ぐらいが、飽きなくてちょうどいいのかも。そして当然といえば当然ですが、生で見たほうが迫力がありますね。とくに群舞。そして残念なことに映像になると、やはり生の舞台より粗が目立っちゃうのね・・・。とくにソロの部分。とくに菊地さん。彼の踊りは、私が劇場で見た時のほうが、断然素晴らしかったわ。あと、踊り終わったあとの菊地さんの「どうだ!」といった表情もちょっとイヤだった・・・・。あと、他のダンサーに比べると腕の動きが無粋な感じがするのも気になる。とくに速見さんと並んで同じ振りをしたときにこれがものすごく目立って気になりました。それも若さ、持ち味といってしまえば、それまでなのかもしれませんが、私の好みではなかったです。若いので、これからどんどん変化していくのかもしれません。そっちに期待。草刈民代さんは、相変わらずお美しいですねー。美しいだけじゃバレエはダメなんだろうけれど、美しいのも才能のうち?あの年齢にして、あの美しさとプロポーションには、憧れます。綺麗なだけじゃダメなんだろうけどね。(しつこい?)上野水香さんは、相変わらず、楽々と足が180度上がってました。表情が硬い(こわばっている)ように感じたのですが、緊張していたのでしょうか?それとも、意識的な表情なのかしら?上野さんにしても草刈さんにしても長身でスラーっと細くて、外国人ダンサーと並んでもプロポーション的に見劣りしないところが凄いですね。プロポーションだけじゃダメなんだろうけれど、やはりカッコイイと思いました。 リエンツ・チャンというダンサーは、レスリングの選手みたいな体型、妙に重量感がって、ちょっとダンサー体形には見えません。もうすこしシェイプアップ希望。アルタンフヤグ・ドゥガラーさんは、以前、「若者と死」と「ピンク・フロイド・バレエ」で踊る姿を生で見て、かなり感動させてもらったのですが、今回もキレの良い踊りで高感度大。しかし、この人、どうしても名前が覚えられません。シャーロット・タルボットやマリ・アニエス・ジロは、やはり美しいし、踊りも優雅で余裕を感じますね。とくにマリ・アニエス・ジロの存在感はやはり凄かったなー。両手を広げたら、腕が長いのよねー。空間を掴みきってしまうのかと思うぐらいの迫力がありました。横で踊ってる日本人男性4人がすっかり霞んでしまっていましたから。
「吹けよ風、呼べよ嵐 」でのコールドは、さすが日本人といった統一感。揃えようという意識が隅々まで伝わってるあたりが感じられてとても見ていて気持ちのよい群舞でした。しかし、横一列に並んで踊るだけに、さすがに実力の差も目立つんですけれど(とくに開脚してジャンプしたりすると、足の角度とジャンプの高さにバラつきが・・・。)、一生懸命さが伝わるので、この乱れは、許容範囲でした。そして、最後に舞台に登場したプティさん、相変わらず若々しくてお元気そうでした。
一応、保存版のつもりで録画していたのだけれど、番組途中でバリ島でのテロ事件のニュース速報のテロップが入ったのがちょっと残念でした。

スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:34:55│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。