メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-MBS「情熱大陸」(振付家・ダンサー:近藤良平)-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年09月26日(Mon)

MBS「情熱大陸」(振付家・ダンサー:近藤良平)

カテゴリー:テレビ番組(インタビュー、バラエティー系)記事編集

2005/9/25(日) 23:00-23:30
MBS(TBS系列)情熱大陸:近藤良平 (振付家・ダンサー)
番組公式サイト http://mbs.jp/jyonetsu/index2.html

御名前だけは聞いたことがあったのですが、初めて拝見しました。コンドルズの主催者で、氣志団の振付も手がけてる方といわれて、とても納得。コンドルズや氣志団って、コメディダンスのイメージが強いけれど、近藤良平さんが一人で踊っておられる映像は、まさしく芸術的なコンテンポラリー・ダンサー。ちょっと坂本竜馬風の風貌も相まって、とてもカッコよかったです。しかし、この方のおっしゃることの意味がどうにもこうにもわからない。バナナが云々とか、犬の手を上げる云々のところ。とっても抽象的で尻切れトンボの説明なんだもの。(笑)でも彼の目指しているものは、とにかく見ていて楽しそう。やってるほうが楽しんでるんだから、当然といえば当然なんだけれど、ダンスというものの定義について考えさせられるものがありました。ダンスって、体を動かすと楽しいという発想から生まれたシンプルなものなんだよね。その考え方は、大いに納得。あと、近藤さんが蛇の振付をしている場面が出てくるのですが、近藤さんの指示で踊っていた森山開次さんのしなやかな動きにも目を奪われました。近藤さん、NHKの「からだであそぼ」の振付もなさってたんですね。子供たちがとても楽しそうだったのが印象的でした。
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 20:37:05│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。