メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-「兵士の物語 ~ 田中 泯   砂に踊る ~」-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2005年12月31日(Sat)

「兵士の物語 ~ 田中 泯   砂に踊る ~」

カテゴリー:コンテンポラリー・ダンス記事編集

「兵士の物語 ~ 田中 泯   砂に踊る ~」  
【出演:ダンス】
悪魔 : 田中  泯
兵士 : 玉井 康成
王女 : 石原 志保
【出演:演奏】
バイオリン : 永峰 高志
コントラバス : 池松  宏
クラリネット : 横川 晴児
ファゴット : 水谷 上総
トランペット : 井川 明彦
トロンボーン : 池上  亘
パーカッション : 植松  透
【指揮】 準・メルクル
【収録】 2005年4月17日, NHK 113スタジオ
2005年 9月25日 NHKハイビジョン クラシック館にて放映されていたものを録画鑑賞。NHKが世界的な舞踊家として知られる田中泯さんとヨーロッパの歌劇場を中心に活躍する気鋭の指揮者、準・メルクルさんにダンスと音楽のコラボレーションを依頼し、ストラヴィンスキーの「兵士の物語」を収録したものだそうです。

現代舞踊から出発し、独自の身体表現で常に”伝統”を挑発するダンサー、田中泯。彼を刺激し続ける存在が、気鋭の指揮者としてヨーロッパの歌劇場で注目されている準・メルクルである。その2人が世界でも例を見ない競演に挑戦した。演目はストラビンスキーの音楽劇「兵士の物語」。3トンもの砂を敷き詰めた幻想的な砂漠空間でダンサーと演奏者が同時にパフォーマンスを繰り広げるという全く新しいスタイルのスタジオ・コンサートである。異色の競演となるパフォーマンスとともに、田中とメルクルの砂漠での対話を送る。田中泯と衣装・メイクも施して演奏した 準・メルクルとN響メンバー7名が幻想的な空間を創出している。

との解説でしたが、本当に不思議な空間でした。舞踏というよりも演劇?無声劇のような感じ。表現を楽しむための作品というのでしょうか、内容もかなり哲学的。「無」とは?みたいな、ちょっとニヒリズムとか、存在論あたりを連想させるような小難しい空気を持った作品。いかにもNHK的。(苦笑)残念ながら、踊りが好きで哲学に疎い私としては、かなり退屈でした。(苦笑)
banner_04.gif
スレッドテーマ:コンテンポラリーダンス ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 19:40:18│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。