メールマガジン JOLLYのお茶の間バレエ鑑賞記-ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート 2006-

スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月02日(Mon)

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート 2006

カテゴリー:ウィーン国立バレエ記事編集

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ニューイヤー・コンサート 2006
管弦楽 : ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指 揮 : マリス・ヤンソンス
バレエ振付:ジョン・ノイマイヤー
バレエ :ウィーン国立バレエ、ハンブルグ・バレエ(シルヴィア・アッツォーニ、ティアゴ・ボーディン、アレクサンドル・リアブコ、イヴァン・ウルバン)、ウィーン・フォルクスオーパー・バレエ
[ 2006年1月1日, ウィーン楽友協会大ホール ]

【テレビ放映日】
NHK総合  1月 1日 (日) 19:20 ~ 20:15 (第一部は時差放送)
NHK総合  1月 1日 (日) 20:15 ~ 21:45 (第二部は生放送)
NHKBS2 1月 1日 (日) 22:00 ~ 24:25 (同日時差放送)
NHK教育 1月 3日 (火) 11:00 ~ 13:25
NHKハイビジョン 1月 3日 (火)  14:00 ~ 16:10    
NHKハイビジョン 1月14日 (水)  19:30 ~ 21:40

【演目】(★はバレエあり)
[ 第1部 ]
行進曲「狙いをつけろ」 作品478 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ワルツ「春の声」 作品410 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ポルカ「外交官」 作品448 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ポルカ「ことづて」 作品240 ( ヨーゼフ・シュトラウス作曲 )
ポルカ「女性賛美」 作品315 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ワルツ「芸術家の生活」作品316 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ポルカ「憂いもなく」 作品271 ( ヨーゼフ・シュトラウス作曲 )
 
[ 第2部 ]
喜歌劇「ジプシー男爵」 から 入場行進曲 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
歌劇「フィガロの結婚」 序曲 ( モーツァルト作曲 )
ワルツ「モーツァルト党」 作品196 ( ヨーゼフ・ランナー作曲 )
ギャロップ「愛のたより」 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
新ピチカート・ポルカ 作品449 ( ヨハン・シュトラウス作曲 ) ★バレエ
芸術家のカドリーユ 作品201 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
スペイン行進曲 作品433 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ワルツ「親しい仲」作品367 ( ヨハン・シュトラウス作曲 ) ★バレエ
ポルカ「クラップフェンの森で」 作品336 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
狂乱のポルカ 作品260 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ポルカ「電話」 作品165 ( エドゥアルト・シュトラウス作曲 )
入り江のワルツ 作品411 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ポルカ「ハンガリー万歳」 作品332 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )

[ アンコール ]
山賊のギャロップ 作品378 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ワルツ「美しく青きドナウ」 作品314 ( ヨハン・シュトラウス作曲 )
ラデツキー行進曲 作品228 ( ヨハン・シュトラウス父 作曲 )


NHKのサイトウィーン・フィルのサイト(ドイツ語、英語、日本語)でも詳細が記載されています。なお、この演奏会のCDの発売予定日は2006/01/28。

ニューイヤー・コンサート2006ニューイヤー・コンサート2006
ヤンソンス(マリス) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天市場でも取り扱いあり。

DVDの発売予定日は2006/02/22。

ニューイヤー・コンサート 2006ニューイヤー・コンサート 2006
ヤンソンス(マリス) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽天市場でも取り扱い中。

今年はノイマイヤーがバレエの振付を担当。バレエは「新ピチカート・ポルカ」とワルツ「親しい仲」の2曲。「新ピチカート・ポルカ」のバレエは、ピチカート特有のはじけるような可愛らしい音をうまく生かしたコケティッシュな振付のパ・ド・トロワで、リフトの使い方がとてもノイマイヤーっぽいなと思いました。ダンサーたちも素晴らしいですね。とくにリフトがバタバタせず、流れるように曲に乗って踊られていたあたりがとても良かったです。「親しい仲」のほうは、群舞なのですが、たかがワルツ、されどワルツ。やはり振付もダンスも洗練されておりました。とくに衣装がシックな色合いで、動きが引き立つシフォン素材のロングドレスのシルエットなどを見るにつけ、あのあたりもノイマイヤーのコダワリが反映されているのかな?なんて思いながら見ておりました。
 コンサート自体もとても楽しかったです。今年はモーツァルトの生誕250周年ということで、モーツァルトを絡めつつヨハン・シュトラウスの曲を中心に選曲されていたような感じで、わりと聞き覚えのあるメロディーも多く、ヤンソンスさんの指揮も、表情豊かで熱血系指揮っぷりで、いたずら(携帯電話やピストル)の演出もとてもオチャメで、楽しませていただきました。
banner_04.gif
スレッドテーマ:バレエ ジャンル:学問・文化・芸術
 
│posted at 00:08:59│
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。